6. カップに注ぐ

Photo by UCC

コーヒーを抽出したら、温かいうちにカップに注ぎます。カップはあらかじめ温めておきましょう。

注意点

お湯は中心に真上から注ぐ

よく間違えてやってしまうのは、フィルターの壁面側からぐるっとお湯をかけて抽出すること。この注ぎ方では、コーヒー全体から成分をまんべんなく抽出することができません。お湯は中心で小さく「の」の字を描くように注ぎましょう。

注ぐお湯の量とサーバーに落ちるコーヒーの量が同じになるように意識する

慣れてきたら、注ぐお湯の量とサーバーに落ちるコーヒーの量が同じになるように意識してみましょう。ドリッパー内に注いだお湯の水位を一定に保ちながら、お湯の量を調節するのがポイントです。

抽出後のカスもチェックする

カスの表面の様子をチェックしてみましょう。よく見ると、表面に細かな泡が残っています。これはコーヒーのアクで、雑味のもとになる成分です。 フィルターの内側でコーヒーのカスが均一な厚みの層になり、表面に細かな泡が残っていること。これが、コーヒーが雑味のないクリアな味になっているしるしです。

UCCの「ドリップポッド」で手軽にハンドドリップの味わいを

Photo by macaroni

ハンドドリップでゆっくりコーヒーを抽出するのも素敵な時間ですが、忙しい朝や平日のデイタイムはもっと手軽にコーヒーを淹れたいもの。「手軽に、おいしいコーヒーを淹れたい」、そんなニーズをお持ちの方におすすめなのが、UCCの「ドリップポッド」です。 ドリップポッドは、これまで専門店でしか味わうことができなかったスペシャリティコーヒーを、ハンドドリップと同じ味わいで楽しめるドリップコーヒーシステム。専用のカプセルをセットしてボタンを押すだけで、プロが淹れたようなコーヒーが味わえます。

温度にもこだわって抽出、ボタンひつでハンドドリップ

使い方はとっても簡単!タンクに水を入れ電源を入れ、カプセルをセット。あとはボタンを押して60秒待つだけで、プロ顔負けのコーヒーが抽出されます。 ドリップポッドでは、コーヒーをおいしく淹れるためにかかせない「湯温」「蒸らし時間」「注湯スピード」を自動でコントロール。1杯ずつ理想的なドリップができる仕組みになっています。

特集

FEATURE CONTENTS