漬け焼きや和え物に!万能「味噌だれ」の作り方

今回は、のせてよし、炒めてよし、和えてよしの「味噌ダレ」をご紹介します。こってり甘い味噌だれは、なんにでも使える万能調味料。この記事では、肉にも魚にも野菜にも合う味噌だれの作り方や、味噌だれを使ったアレンジレシピをお届けします。

2019年8月14日 更新

肉にも魚にも野菜にも!万能「味噌だれ」の作り方

器に入った味噌ダレと味噌炒め

Photo by sakura4

健康ブームのなか、発酵食品である味噌の良さが見直されています。今回は、作り置きにも便利な「味噌だれ」をご紹介しましょう。こってり濃厚な味噌だれがあれば、かけても、和えても、焼いても、炒めても、ササッと絶品料理が完成します。たくさん作って、定番調味料のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

材料

味噌、みりん、酒、砂糖

Photo by sakura4

・味噌……大さじ3杯
・みりん……大さじ2杯
・酒……大さじ1杯
・砂糖……大さじ3杯

作り方

1. 鍋に材料を入れて混ぜる

味噌だれの材料を入れた鍋

Photo by sakura4

鍋に、味噌、みりん、酒、砂糖を入れて、よく混ぜ合わせてから中火にかけます。

2. 煮詰めて完成

鍋で煮詰めた味噌だれ

Photo by sakura4

フツフツとしてきたら弱火にし、焦がさないようにヘラで混ぜながら、トロッとするまで4分から5分煮詰めて完成です。

上手に作るコツ

味噌はダマになりやすいので、火にかける前にゴムべらなどでしっかり混ぜておきましょう。火にかけたあとは焦がさないように、時々かき混ぜてくださいね。

味噌だれの保存方法と日持ち

瓶に入った味噌だれ

Photo by sakura4

作った味噌だれは、冷ましてから清潔な密封保存容器に入れて、冷蔵庫で1ヶ月ほど保存可能です。冷蔵庫で冷やすと味噌だれは硬くなってしまうので、使う分だけレンジで軽く温めるか、お湯で少しだけ緩くすると使いやすいですよ。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう