岩手のご当地グルメ「ピーマン味噌」の作り方と活用レシピ5選

今回は、岩手県のご当地グルメ「ピーマン味噌」の作り方と、活用レシピをご紹介します。ピーマンがたくさん手に入ったらぜひ作りたいオールシーズン使える万能保存食なんです。日本人好みの甘じょっぱい味ですよ♪

2018年11月12日 更新

ピーマン味噌とは?

ピーマン味噌の小皿が並ぶ食卓

Photo by ako0811

岩手の郷土料理

岩手県のご当地グルメ「ピーマン味噌」は、たっぷりのピーマンと麹にお醤油や砂糖を入れてコトコト煮込むだけ。ピーマンがたくさん手に入ったらぜひ作りたいオールシーズン使える万能保存食なんです。

旬のお野菜にのせていただくと、よい引き立て役に。炒めものの調味料やお酒のアテにも最高です。岩手県だけで楽しむなんてもったいない、ピーマンの香りがふわっと食欲そそる絶品アイテムです。

実は味噌は使っていない

一見、味噌が入ってとっても辛そうですが、ひと口食べてびっくり。塩気も強くなく、甘辛い日本人好みの味付けです。

おもな材料はピーマンと米麹。「ピーマン味噌」という名称ですが、実は味噌は入っていません。麹を使いますが、熟成期間もなく単に煮詰めるだけで完成する手軽な保存食なんです。大豆から作る味噌とは大きく異なり、ピーマンのほろ苦さと麹の自然な甘さが活きた甘めで佃煮に近い味わいが魅力です。

どんなときに使う?

塩気の少ない佃煮のようなお味で、ご飯やお野菜に少量のせるだけでおいしくいただけます。もろみ味噌のような風合いですが、味噌が入っておらず甘めに仕上がっているので食材を選ばず割とあっさりと食べられるんです。お子様でもなんなく食べられるのが嬉しいですね。

ご飯のお共に、お酒のおつまみに、またお野菜に添えてディップや田楽風にとストックしておくと何かと便利、お料理の幅がぐっと広がりますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう