ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

3種の材料で作れる自家製味噌

家族の健康を考えて、家庭で発酵食を手作りする人も増えてきましたよね。毎日のように使う「味噌」も、自分好みの味に手作りできたらうれしいと思いませんか? そこで、初心者でも気軽にトライできるお味噌の作り方を紹介したいと思います。いろいろなレシピを参考にしながら作りやすい配合と量をセレクトしました。実際に作りながらお伝えします♪

自家製味噌の作り方

それでは、材料をそろえてさっそくお味噌作りの開始です。材料はたったの3種類、作り方もシンプルで意外と簡単!ただし、作業工程に2日間を要するので、計画立てて取りかかりましょう♪

材料(作りやすい分量)

Photo by akiyon

・大豆(黄)……500g ・米麹……500g ・塩……200g ・保存容器 初心者でも作りやすい少な目の分量です。覚えやすい材料の配合としておすすめなのが、「大豆:麹=1:1」、「塩=大豆+麹の20%」です。何度か挑戦して慣れてきたら自分好みで塩分を調整したり、大豆の種類を変えてみたりしたいですよね。 大豆と麹はスーパーの乾物コーナーなどで購入することができます。保存容器は、仕込みから保存までと、できあがってからも使いやすい、持ち手つきの琺瑯容器を用意しました。

今回使用した保存容器

容量が約1.2Lの琺瑯容器です。角型なので省スペースで、持ち手がついているので出し入れがスムーズにできますよ♪

作り方手順

1. 大豆を洗い、水にひと晩漬けます(1日目の作業)

Photo by akiyon

味噌作りには全部で2日間必要になります。1日目の作業が大豆を洗って、大豆を水に浸けるところまで。500gの大豆は大きめのざるがいっぱいになるくらいたっぷりの量です。

Photo by akiyon

大きいボウルに水を張り、大豆をひと晩以上(およそ10時間以上)浸けます。大豆がよく水を吸うので、途中で様子を見ながら水を足していくとよいと思います。

Photo by akiyon

こちらは24時間ほど浸けた大豆。ぷっくりと膨らんで、かさもずいぶん増えました。さあ、ここから2日目の工程に入ります。仕上げまで2時間以上を要しますので、ゆとりのある時間帯を選んで作業します。

2. 大豆を鍋に入れてやわらかくなるまでゆでます(ここから2日目の作業)

Photo by akiyon

大きな鍋に大豆と水を入れ、強火にかけます。沸騰したらお湯がふつふつとする程度の火加減で、やわらかくなるまで1時間半~2時間ほどゆでます。 小豆を煮ているときに似た香りがして、すでにおいしそうですよ♪

Photo by akiyon

やわらかさの目安は、指で簡単に潰れるくらい。筆者は約1時間半でゆであがりました。浸水の時間や大豆の種類によっても違うので、ときどき大豆を取り出して硬さの確認をしましょう。圧力鍋を使用するともっと早くゆであがるので、時間のないときにおすすめです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS