3. 大豆をフードプロセッサーなどでなめらかになるまで潰します

Photo by akiyon

大豆をなめらかになるまで潰します。量が多い場合はフードプロセッサーの利用が便利です。硬くてうまく撹拌できないときには、大豆のゆで汁を少し加えてみましょう。 また、すり鉢を使ったり、保存袋などに入れてめん棒でたたいて潰すこともできますよ。

4. すり潰した大豆を人肌程度まで冷まします

Photo by akiyon

あとで混ぜる麹菌が熱に弱いため、全部すり潰したら人肌くらいの温度になるまで冷まします。

5. ボウルに麹と塩を入れて混ぜておきます

Photo by akiyon

6. 麹と塩を混ぜたボウルにすり潰した大豆を混ぜて、ボール状に丸めます

Photo by akiyon

「5. 」の麹と塩を混ぜたボウルに「4. 」のすり潰した大豆を加えてしっかり混ぜます。パサパサしていたら冷ました大豆のゆで汁を加えて硬さを調整します。 よく混ぜたら、空気を抜きながら団子状に丸めます。両手でキャッチボールをするようにしながらギュっと丸めて、野球ボールくらいの大きさのお団子を作りましょう。

7. 保存容器に味噌団子を投げ入れるように詰める

Photo by akiyon

煮沸消毒した保存容器に味噌ボールを入れます。中に空気が入っているとカビの発生の原因になるので、投げ入れるように保存容器に叩きつけ、ひとつずつ上から押さえて平らにしながら詰めていきます。

Photo by akiyon

筆者が作った味噌は、容量1.2Lの容器2つにぴったり収まりました。たくさんあった大豆も、ぎゅっと押しながら詰めていくととてもコンパクトになりますよ♪

8. 保存容器についた汚れを拭き取りフタをして仕込み完了!

Photo by akiyon

容器の内側やフタをするあたりに残った汚れを、消毒用アルコールを含ませたキッチンペーパーなどで拭き取ります。長期にわたって保存するので、ここはていねいに!

Photo by akiyon

味噌に空気が触れないよう、ラップをぴったり貼りつけます。味噌とフタとの間に塩を入れた袋などを置いて、内蓋の代わりにします。最後にしっかりフタをしたら仕込み完了です!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ