ベチャベチャしない!素揚げレンコンの作り方&切り方のコツ

野菜の甘みが存分に楽しめる素揚げのコツをご紹介します。本記事でご紹介する野菜は「レンコン」。かわいい見た目と歯ごたえがおいしい素揚げレンコンは、トッピングやお子様のおやつにも使える人気者。ベチャッとさせない基本の作り方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年8月22日 更新

素揚げレンコンの基本レシピ

塩でいただく素揚げレンコン

Photo by ako0811

野菜をカットして揚げるだけと、とっても簡単な素揚げレシピですが、なぜかベチャッとしてしまったり、野菜同士がくっついてしまいかき揚げのようになってしまったなんて失敗はありませんか?

野菜の旨みを活かす素揚げは、下処理と温度が大切です。ポイントをおさえて作ってみましょう。

材料(2~3人分)

・レンコン……1節
・揚げ油……適量
・塩……お好みで

作り方

1. レンコンは、タワシやアルミホイルなどで表面をこすって汚れや泥を落とします。皮の近くに栄養素がつまっているので、皮はむかずにこすってから使います。

2. 7mm~1cm幅の輪切りにします。

3. キッチンペーパーでひとつずつ丁寧に水分を拭き取ります。

4. 170℃に設定した揚げ油に、重ならないように数枚ずつレンコンを入れます。

5. 表面がこんがり色づいたら網に揚げましょう。(約1分半)

6. 油をしっかりきったら完成です。お好みで塩や山椒などをふりかけていただきます。

上手に揚げるコツとポイント

水切りはしっかりと

レンコンは、カットすると色止めに水にさらすのが常ですが、素揚げをする場合は水にはさらしません。パリッとした食感に仕上げるために、カットしたらすぐにキッチンペーパーなどでしっかり水分を拭き取ります。

表面の水分を取り除いて揚げたレンコンは、油ハネせずに、香ばしく仕上がります。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう