食べやすさ重視なら「乱切りや輪切り」

素揚げをした野菜を使ったおかずは、野菜の旨みがギュッと閉じ込められワンランクアップしたお味になります。揚げるとふたまわりほど小さくなるので、食感を残したい場合は気持ち大き目の乱切り、または2cm幅程度の輪切りにしてカットするといいでしょう。 170℃の油で2分ほど揚げれば中まで火が通っています。そのままタレに絡めたり、お料理の具材に使ったりと幅広くアレンジできますよ。

食感を楽しむなら「スティック切り」

フライドポテトのようにホクホクとした食感が楽しめるのがスティック切りです。レンコンを棒状に長さをそろえるようにカットし、170℃で3分ほど揚げます。形状的にフライパンで揚げ焼きにするのもおすすめです。 コンソメ、塩、カレーなど、表面にまぶす味を変えるのも楽しいですね。

素揚げで野菜の旨みを引き立てよう!

天ぷらとも少し違う、衣のない素揚げの魅力は、野菜の形をそのまま残せること。そして高温の油で瞬時に揚げることで野菜本来の旨み、甘味が外に逃げることなくギュギュっと閉じ込められます。 カリカリに揚げて、そのままおやつ感覚でいただくのもいいですね。自然な甘みに、野菜って気がつかないかも!また、炒め物に使うと短時間で調理することができます。水分を出したくないスピード調理などに向いていますよ。
▼レンコンの保存方法はこちら

特集

FEATURE CONTENTS