もう飽きたなんて言わせない。そうめんのアレンジレシピ集

ひんやりとのど越しがいいそうめんですが、そろそろいつもの食べ方に飽きていませんか?めんつゆにつけるだけがそうめんじゃありません♪ 底知れぬ魅力を持ったそうめんの、一風変わったアレンジレシピを集めてみました!

2019年7月31日 更新

いつもの食べ方に飽きてない?

ゆでて冷やしてすするだけ!と、手軽でおいしいそうめんですが、そろそろいつもの食べ方に飽きていませんか?「今日のお昼もまたそうめん?」なんて声が聞こえてきたら、アレンジレシピの出番です!

ゆでるだけじゃない、底知れぬそうめんの魅力が詰まったアレンジレシピを集めてみました。きっと、そうめんの魅力に惚れ直しますよ。

1.「肉巻きそうめんの甘辛炒め」

肉巻きそうめんの甘辛炒め

Photo by macaroni

ツヤツヤに焼きあがった豚肉をカットすると、なかから現れたのは、なんとそうめん!こんなに美しい断面だと、食べてみるまではそうめんかどうかわからないかも!?

たこ糸で結んでゆでることで、まさに一糸乱れぬ美しいゆであがりが実現します。コチュジャンで味付けすることで、食べごたえもばっちりですよ!

2.「そうめん衣のぷりぷりエビカツ」

そうめん衣のぷりぷりエビカツ

Photo by macaroni

「微妙な量だけ余っちゃった……」というときは、そうめんを衣に使うアイデアが便利です。えびのすり身とはんぺんを合わせた衣に、パキパキと折ったそうめんをまぶしつけます。そうめんを折る作業は楽しみながらできるので、夏休みの子どもにお手伝いをお願いしましょう♪

香ばしいきつね色に揚がったエビカツは、パリパリ食感でもはやそうめんの面影はありません!「こんな使い方があったんだ!」という、目からウロコの活用法です。

3.「豚キムチそうめんチヂミ」

豚キムチそうめんチヂミ

Photo by macaroni

お昼に食べたそうめんが、ちょっとだけ残ることって、よくあります。時間が経って伸びてしまった素麺は、卵と小麦粉を加えてチヂミにリメイクしましょう。

豚バラ肉とキムチをプラスすれば、ボリュームも完璧!あまりの完璧な仕上がりに、残り物で作ったなんてきっと誰も気づきませんよ。

生地をフライ返しで押しながら焼くと、しっかりと焼き色がついて香ばしくなります。火の通りが悪いときは、蓋をしながら様子を見てくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう