作るときのコツ

あじの匂いが気になる方は、三枚おろしに酒をふっておくと臭みがとれます。そのあとキッチンペーパーなどでしっかりと水分をふいてから、小麦粉をまぶしてくださいね。 また調味料にすりおろしたしょうがを少し加えると、さっぱりした味わいがプラスされ臭みもとれるのでおすすめ!

献立の参考に♪ おすすめ副菜レシピ3選

1. なすとピーマンの中華風焼き浸し

Photo by macaroni

調理時間:20分
なすとピーマンを使った焼き浸しは、中華スープとオイスターソースで中華風の味わいに。トロトロに焼いたなすにお出汁が染み込んで、ジューシー♪ ゴマ油の香りが食欲をそそります。冷たくひやせば、暑い夏にピッタリ!

2. 10分で簡単!れんこんの明太マヨ和え

Photo by macaroni

調理時間:10分
忙しい日のおかずには、メインを作っている間にできる副菜が便利です。ゆでたれんこんに明太子とマヨネーズを合わせたレシピなら、10分間で完成。あじの蒲焼きを作りながら、準備できますよ。れんこんのシャキシャキ食感は、ビールのおつまみにもおすすめ。

3. ヘルシー!シャキシャキ長芋とオクラの梅肉和え

Photo by macaroni

調理時間:10分
食欲がないときは、さっぱりした風味が夏らしい、ネバネバ食材の梅肉和えはいかがでしょう。あじの蒲焼きの甘辛いたれとも相性バツグン。オクラは板ずりすると色が鮮やかになり、味も染み込みやすくなりますよ。

鰻の代わりに格安♪ あじの蒲焼き

最近、うなぎの蒲焼きは高価でなかなか手が届きませんよね。でもあじの蒲焼きなら一年中いつでも格安でいただけます。新鮮なあじは生でたたきや刺身で味わって、フライや南蛮漬けもおいしいけれど、残りは簡単レシピの蒲焼きに。 あじは栄養バランス抜群の魚として知られていますが、青魚の中ではカロリー低めでヘルシーなんです。暑さで食欲不振になる夏こそ、甘辛の味付けでご飯がすすむあじの蒲焼きを召し上がってくださいね。

編集部のおすすめ