サクサクジューシー!メンチカツの基本レシピ&おすすめ献立

シンプルな材料であっという間にできるメンチカツは忙しい日にもおすすめです。シンプルゆえのむずかしさもあるのが料理の術。しっかり衣を付けてじっくり揚げることで、中まで火が通りサクサクジューシーに仕上がりますよ。合わせておいしい副菜や汁物を添えて、メンチカツ定食いかがですか?

2019年7月29日 更新

ライター : Mari

オリーブオイルソムリエ / 北海道フードマイスター

オリーブオイルの専門家でありつつ食材全般大好きな自営業・一児の母。身近な素材や調味料を使ってシンプルに、添加物少なめ頑張り過ぎない〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。毎…もっとみる

合挽肉で作るメンチカツの基本レシピ

Photo by mari.everydayolive

メンチカツを作ってみたら、衣がはげたり中が半生だったっということありますよね。丁寧に衣を付けてじっくりと低音の油で揚げることで、旨味を閉じ込めサクッとジューシーに仕上がります。 多めに作って薄めのきつね色に揚げ、しっかり冷まして冷凍保存しておけば、使う時に170℃の油でこんがり揚げるだけ。お弁当の作り置きにも便利ですよ。

材料(3人分)

・合挽肉……300g ・玉ねぎ……1/4個 ☆生パン粉……30g ☆水……大さじ1杯 ★塩……小さじ2/3杯 ★ナツメグパウダー……5振り ★生姜すりおろし……小さじ1杯 ・薄力粉……適量 ・溶き卵……1個 ・生パン粉……適量 ・揚げ油……適量

作り方

1. ☆を合わせて生パン粉を湿らせておく 2. 合挽肉にみじん切りにした玉ねぎと1・★の調味料を合わせて種を作る 3. 6等分にしてハンバーグの要領で中央をヘコませ形を整える。 4. 薄力粉を全体にまんべんなく薄くまぶす。 5. 溶き卵・パン粉をまぶす。パン粉の上からやさしくおさえるようにしてしっかりと衣をつける。 6. 160℃の油で返しながら4分半〜5分揚げる。

作るときのコツ

揚げている途中に破裂して衣はげを防ぐために、成型は中央を少し窪みを作るイメージでおこない、衣は全体にまんべんなくつけます。低音のたっぷりの油でじっくりと揚げるようにすることでサクサクに仕上がりますよ。 揚げ終わりのタイミングは、箸でメンチカツを持って指先にじゅわじゅわと響いてきたら火が通っているサインです。

【副菜】メンチカツに合うおすすめ献立3選

1. 短時間でしみしみ!ごま油香る「きゅうりの漬物」

Photo by macaroni

調理時間:15分 ※漬け込み時間はのぞく
【材料(2人分)】
・きゅうり……2本
・塩……小さじ1杯(塩もみ用)
☆砂糖……小さじ1杯
☆しょうゆ……小さじ2杯
☆ごま油……小さじ1杯
☆しょうがすりおろし……小さじ1/2杯
☆唐辛子(輪切り)……1/2本

出典: macaro-ni.jp

ごま油を加えてほんのり中華風のきゅうりの漬物は、漬け込み時間を合わせても25分。サクサクジューシーなメンチカツと、シャキシャキ甘辛の漬物の組み合わせは食欲をそそる組み合わせになりますよ♪ おつまみや日頃の食卓にもおすすめです。

2. さっぱりヘルシー!シャキシャキ「長芋とオクラの梅肉和え」

Photo by macaroni

調理時間:10分
【材料(2人分)】
・オクラ……8本
・長芋……100g
・梅干し……2個
☆砂糖……小さじ1/2杯
☆しょうゆ……小さじ1杯
☆ごま油……小さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

スタミナ満点!材料を切って和えるだけの手軽さは、忙しい日のひと品や暑くて食欲がない時のスタミナ確保にももおすすめですよ。揚げ物に梅肉のさっぱりとした甘酸っぱいコラボレーションはやみつきになりそうな予感♪
Photos:7枚
器に盛られたメンチカツと奥に千切りキャベツ
中鉢にたっぷり盛られたきゅうりの漬物
白い洋風のお皿に盛られた長芋とオクラの梅肉和え
白い深皿の和食器に盛られた基本のなすの煮浸し
汁椀に盛られたきのこのみそ汁
白い椀に盛られたトマトとニラの春雨スープ
木の椀に盛られたじゃがいもの味噌汁
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS