ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

梅味噌の作り方は漬ける・煮るの2種類がある

Photo by ako0811

梅味噌は爽やかな風味をプラスできる万能な調味料。作り方は、漬ける・煮るの2種類あります。漬ける梅味噌は梅のフルーティーな香りが漂い、爽やかな印象に。煮る梅味噌は加熱されることでねっとりとした食感に仕上がり、ごはんに合うような味わいになりますよ。

この記事では2種類の梅味噌のレシピと、作るときの注意点。さらに、梅味噌の活用レシピまで紹介します!

煮て作る梅味噌のレシピ

Photo by ako0811

お味噌に梅干し、みりん、お砂糖というシンプルな材料で完成する「梅味噌」は、梅の風味がさわやかな甘辛いお味。たんぱくなお魚やお肉はもちろん、野菜のディップやドレッシング代わりに、フライの隠し味などいろいろ使えて便利です。

保存も効くため使いやすい万能調味料ですよ♪

材料(1カップ分)

・みそ……大さじ5杯 ・梅干し……大3個 ・みりん……1/4カップ ・砂糖……大さじ2杯

作り方

1. 梅干しは種を取り除き、できるだけ細かくカットして梅肉ペーストを作ります。 2. 小鍋にみりんを入れて煮立たせアルコールを飛ばします。みそと砂糖を加えよく混ぜ合わせます。みそと砂糖を加えたら極弱火にしましょう。焦げやすいので注意します。 3. 火からおろし1の梅肉を加えよく混ぜます。梅の分量はお好みで調節してください。 4. 煮沸消毒した清潔な瓶を準備します。 5. 保存瓶に粗熱を取った3の梅味噌を入れて半日常温で寝かせて完成です。 6. 冷蔵庫で保存しましょう。

作るときのコツ

みりんは、煮切ることでアルコール臭が飛びより風味豊かなまろやかなお味になります。梅干しは最後に加えて、自分好みの味わいにしてくださいね。お好みでシソやすりごまなどを加えてアレンジも可能ですよ。

保存方法と日持ち

梅味噌は冷蔵保存だと1ケ月ほど日持ちします。その際、煮沸消毒した清潔な保存容器を使って雑菌の繁殖を防ぐことが大切です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ