手づくり調味料で料理上手。「梅おかかにんにく」vol.20

調味料を極めることが、料理上手への近道。この企画では、身近な調味料を使って作る、一歩踏み込んだ自家製調味料をご紹介していきます。第20弾となる今回作るのは「梅おかかにんにく」。じっくり火を通したにんにくと梅おかかの相性が最高のごはん泥棒です。

2019年9月13日 更新

ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

梅おかか×にんにくの最強ごはん泥棒!

Photo by muccinpurin

少しずつ秋が深まっていますが、季節の変わり目で体調や生活リズムは壊していないですか?体調管理の基本は、たっぷりの睡眠とバランスのいい食事。夏休みが終わってリズムが狂い「食欲ないから……」などとごはんをパスするなんてもってのほかですよ。 今回ご紹介するのは、にんにくに梅肉とかつお節を合わせた「梅おかかにんにく」。じっくり火を通したにんにくと、梅おかかの旨みが合わさった、ごはんをお代わりせずにはいられない調味料です。

作り方

Photo by muccinpurin

材料

・かつお節……8g(4g入りミニパック2袋) ・にんにく……1玉(正味60gほど) ・梅肉……大さじ2杯 ・しょうゆ、みりん、砂糖……小さじ1杯 ・ごま油……小さじ2杯 ※梅肉はチューブの練り梅を使いましたが、梅干しの果肉をたたいたものでも代用できます。 賞味期限:冷蔵庫で1週間

下準備

にんにくは皮をむき、大きいものがあればカットして厚みを均一にしておきます。

手順

1. にんにくを加熱する

Photo by muccinpurin

皮をむいて厚みを均一にしたにんにくを耐熱容器に入れ、ラップをかけて500Wのレンジで1分半加熱します。 あとで火を通すので、この時点ではまだ多少固くても問題ありません。

Photo by muccinpurin

小鍋にごま油を入れ、水分を拭きとったにんにくを加えます。 弱火でにんにくがやわらかくなるまで加熱します。多少焼き色がつくくらいが香ばしくておいしく仕上がります。

2. かつお節と梅肉を加える

Photo by muccinpurin

梅肉とかつお節、しょうゆ、みりんを加えて混ぜ、全体が混ざったら完成です。多少にんにくをつぶしながら混ぜると、全体がよくなじんでおいしく仕上がりますよ。 梅干しによって塩分が異なるので、味見をして甘みが欲しければ砂糖を加えてください。

特集

FEATURE CONTENTS