丁寧な下ごしらえで好みのゴーヤチャンプルーを作りましょう

「苦味」は、ゴーヤのおいしい魅力でもあります。ただ、あまり苦いと食べにくかったり、苦いものが嫌いな方やお子さんには、苦味が邪魔なことがありますよね。 そんなときは、今回ご紹介したように、ゴーヤの「厚さ」「塩と砂糖の下味」「油でコーティング」に気をつけて調理してみましょう。それでも、まだ苦味が強いと感じたら、「下ゆで」するのがおすすめです。 好みに応じて、ゴーヤの苦味を調節して、絶品ゴーヤチャンプルーをご堪能ください。

特集

FEATURE CONTENTS