ライター : ichika

宮古島在住ライター

沖縄県宮古島在住、男の子のママライターです!また読みたくなるような情報をお届けできればと思います♪

ゴツゴツしたボディーが特徴的なゴーヤとは

緑色でデコボコの形が独特な食材「ゴーヤ」は、ウリ科の種類で苦みが強いのが特徴な野菜であり、ゴーヤ一本分の栄養価が高く体力の消耗しやすい夏場に食されることが多いので「夏野菜」としても有名です。

ゴーヤの旬はいつ?産地はどこ?

この時期がおすすめ!ゴーヤの旬

ゴーヤが一番おいしく食べられる時期は「夏」。太陽の光をいっぱい浴びたゴーヤは、苦み成分がたくさん詰まっているので栄養満点! 基本一年を通して食べられますが、6月~8月頃が一番食べごろです。

ゴーヤの産地

ゴーヤの産地は沖縄地方が代表的で、日差しの強い九州地方でも栽培されています。ただ、産地によって品質や種類も変わり、太くて重さのあるゴツゴツしたゴーヤは沖縄産になります。

買う前の参考に!ゴーヤーの選び方と保存方法

選び方

ゴーヤの独特な苦みが好きな方は濃い緑色で重さがあり、太くて粒がしっかりしていて艶のあるものを選ぶといいでしょう。 ゴーヤの苦みがあまり好きではない方は、細目で黄緑に近い色で薄く、粒が小さいものを選びましょう。 少し黄色がかかったゴーヤは、完熟に近いので苦み成分が弱くなっています。

保存方法

すぐに調理しないゴーヤは、綿をキレイに取り除いて野菜室で保存します。綿が付いたまま保存すると完熟してしまうので、傷みが早くなるのを防ぐためです。 長期で保存したいときは食べやすい大きさに切り、水洗いしたあとに水気を切り冷凍保存すると約一か月保存ができます。

ゴーヤのおいしい食べ方

ゴーヤの苦みを抑えたいときは「ゴーヤの佃煮」!カラカラに炒めたツナ缶とスライスしたゴーヤが、甘辛い砂糖醤油の味付けでご飯がすすむおいしさに! 独特な苦みを楽しみたいときは、お刺身やツナ缶と一緒に和えた「ゴーヤサラダ」。シャキシャキの歯ごたえと苦みがおいしい食べ方です♪ ほかに切り方を厚めにして炒め物などにすると、苦みを強調してクセになるおいしさ!
Photos:7枚
ゴーヤーとコーンの豚バラかき揚げ
鶏肉とゴーヤーの春雨サラダ
大きめ豆腐のゴーヤーチャンプルー
厚揚げ豆腐とゴーヤーの豆板醤炒め
リング状に切ったゴーヤーの天ぷら
いりごまとゴマ油でゴーヤーサラダ
ちりめんじゃこと鰹節でゴーヤーの佃煮
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS