ライター : cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの好奇心のままに生きる女☆ヨガや耳つぼなど、心と体のつながりを探求中。どうぞよろしく!

苦味があっても食べやすい「ゴーヤーの肉詰め」基本レシピ(調理時間:30分)

Photo by cestalavie

ゴーヤーと豚肉は相性が良い組み合わせ。その豚肉のひき肉を使って、おいしいゴーヤーの肉詰めを作ってみましょう。作り方もとても簡単で、作っている途中からお肉の焼けるいいにおいがお部屋に広がります。

材料(2〜3人分)

Photo by cestalavie

・ゴーヤー……1本 ・豚ひき肉……130g ・玉ねぎ……1/4個 ・塩……少々 ・コショウ……少々 ・しょうゆ……小さじ1杯 ・小麦粉……小さじ1杯

コツ・ポイント

輪切りにしたゴーヤーに小麦粉をまぶす時には、内側までしっかりとまぶしましょう。小麦粉が接着剤の役割をしてくれるので、焼いている途中で肉ダネがゴーヤーからはがれてしまうのを防ぎます。ゴーヤーを斜めに持って茶こしを使ってまぶしたりする方法のほか、小麦粉を手でつまんで、こすりつけるように内側につけるのもおすすめです。

作り方

1. ゴーヤーを輪切りにする

Photo by cestalavie

両端を切り落としたゴーヤーを1.5〜2cm幅で輪切りにし、中の種とワタをスプーンを使ってくり抜いていきます。分量外の小麦粉を上からまんべんなくふりかけ、内側にもしっかりと小麦粉をつけていきます。

2. ひき肉と調味料を混ぜタネを作る

Photo by cestalavie

玉ねぎはみじん切りにし、肉ダネの材料(ひき肉、塩、こしょう、小麦粉)の材料に加え、よく混ぜ合わせておきます。

3. ゴーヤーにタネをつめる

Photo by cestalavie

2で混ぜ合わせた肉ダネを1のくり抜いたゴーヤーに詰めていきます。

特集

FEATURE CONTENTS