4. ゴーヤーをフライパンで焼く

Photo by cestalavie

薄く油をしいたフライパンに肉ダネを詰めたゴーヤーを並べて、火をつけてフタをして中火でじっくり焼いていきます。

5. 両面こんがり焼いて完成♪

Photo by cestalavie

焼き色がついたらひっくり返し、大さじ1杯の油を足してフタをしてさらに焼きます。もう片面にも焼き色がついたら完成です。

Photo by cestalavie

ゴーヤーと豚肉のアレンジレシピ3選

1. おすすめスタミナレシピ「ゴーヤーと豚肉のキムチ炒め」

Photo by macaroni

豚肉のうまみとゴーヤーの苦味がマッチした食べ応えのあるメインレシピです。キムチのほどよい辛さとニラの香りがさらに食欲をそそります。作り置きしておけば、忙しい毎日の中にもきちんと栄養のある食事をとることができますよ。汁気も少なく、お弁当のおかずにもぴったりです。

2. ゴーヤーの苦味がさっぱり感をうむ「薄切りゴーヤーの冷しゃぶサラダ」

Photo by macaroni

薄切りにしたゴーヤーは、沖縄でもサラダとしてよく食べられています。軽く湯通しした豚肉は、ほどよく脂が落ちてさっぱりとした中に満足感が広がります。沖縄定番のジューシーなどの具沢山の炊き込みご飯といっしょにあわせれば、男性でも食べ応えのあるランチになりますよ。

3. 驚きのマッチ度!「ゴーヤチャンプルートースト」

Photo by macaroni

卵が多めのゴーヤーチャンプルーをダイナミックにオープンサンドにしたレシピ。バランスのとれたおかずをそのままサンドイッチの具材にしているので、味ももちろんバッチリ♪朝食としてももちろんですが、もう1枚のパンではさんだサンドイッチにしてピクニックのお共にもおすすめです。

ゴーヤーが苦手な人でも食べやすく

ゴーヤーの独特な苦味をおいしいと感じる人もいれば、苦手だと感じる人もいます。そんな「ゴーヤーはちょっと……」という方でもお肉ましましの「ゴーヤーの肉詰め」ならおいしくゴーヤーを食べることができます。ソースもいいですが、酢しょうゆを合つけて食べるとさっぱりとしておいしくなります。

特集

FEATURE CONTENTS