フェルラ酸、フィチン酸

フェルラ酸はポリフェノールの一種で、抗酸化作用をもつ成分です。また、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑えるはたらきが期待されています。

フィチン酸も強い抗酸化作用をもつ成分です。動物実験により、血中の偏ったミネラルバランスを整え、血液の不調を抑える作用が確認されました。(※9,10)

ぬか漬けで気をつけるポイント

塩分が高いため食べ過ぎに注意

食塩摂取量の一日あたりの目標量は、成人男性が7.5g未満、女性が6.5g未満です。一方、ぬか漬けの塩分を見てみると、きゅうりは100gあたり5.3g、かぶは2.2g、なすは2.5g。

さらに、ほかのおかずにも塩分は含まれています。同時にぬか漬けをたくさん食べると、すぐに食塩摂取量をこえてしまうので、食べ過ぎには十分注意するようにしましょう。(※11,12)

野菜との相性を知っておこう

ぬか床の容器に入る大きさのものなら、基本的にはどんな野菜でもぬか漬けにできます。しかし、ぬか床を傷めてだめにしてしまう可能性がある野菜は、なるべく避けたほうがよいでしょう。

具体的には熟したトマトのような水分が多すぎる野菜、納豆や山芋などネバネバした野菜を漬けると、ぬか床が再利用できなくなってしまいます。

逆にぬか漬けに向いているのは、硬すぎず適度に野菜を含んでいる野菜。きゅうりやなす、だいこんなどです。こうしたものはぬか床に漬かりやすく、味もしみこみやすいですよ。

さっそくトライ!ぬか漬けのおすすめレシピ3選

1. ぬか床とぬか漬けのレシピ

まずはこちらのレシピで、おいしいぬか床の作り方を確認しましょう。生ぬかと水、塩、だし昆布、鷹の爪を使う、基本のぬか床です。ひとつひとつの工程を写真で丁寧に確認できるので、ぬか漬け初心者さんはぜひ参考に♪

2. もやしのぬか漬け

ぬか床の作り方を覚えたら、さっそく野菜を漬けてみましょう!ぬか漬けといえばきゅうりやなす、大根などが定番ですが、もやしでも作れるですよ。もやしはネットに入れれば、ばらつきません。家計の味方・もやしで、おいしいぬか漬けを作ってみませんか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ