2. ごま油の香ばしさが食欲をそそる!れんこんきんぴら

暑い時期は、食欲がなくなってしまう……という方でも、ごま油の芳ばしい香りにつられてついつい食べてしまうひと品です。シャキシャキした食感を楽しみたい場合は、れんこんを薄くカットするか、れんこんを選ぶときに食物繊維が多い、細い部分にすると良いですよ。

3. ハチミツで甘さと照りをプラス!れんこんきんぴら

はちみつを入れることで、独特の甘さが料理全体を引き立ててくれるようになります。はちみつ効果で照り感がでる上に、彩の良い野菜を使うことで食欲をそそる見栄えに。ピーマンの緑色、人参のオレンジ色、れんこんの茶色と3色そろっているのが良いですね。

4. 新れんこんの柚子胡椒きんぴら

柚子胡椒が効いたひと品です。ピリッと辛いのがアクセントになって食べやすいですね。また、ご紹介しているレシピでは、5月から6月が旬の新れんこんを使用していますが、それ以外の季節の場合は、通年流通しているれんこんで代用可能ですよ。

5. レンジでたったの5分!れんこんきんぴら

できるだけ洗い物を増やしたくない、火を使いたくない……といったときにおすすめのレシピです。電子レンジで作るので、おしゃれな耐熱皿で作ってしまえばそのまま食卓にも出せますよ。さらに10分の時短で作れて、簡単に作れるので、メリットばかりですね。

れんこんきんぴらの基本レシピと合わせる!おすすめの献立レシピ3選

主菜

基本レシピがあっさりした味付けなので、主菜には味付けが濃い料理にすると、食事全体の味のバランスがとれやすくなりますよ。そういった理由でこちらでは、味付けが濃い主菜をご紹介しています。

1. トースターでこんがり!鮭の明太マヨ焼き

Photo by macaroni

明太子とマヨネーズでガツン!と味を効かせて、トースターで焼くことで、カリッと香ばしさが増したひと品です。鮭だけでもご飯が食べたくなるのに、さらにご飯と合う明太マヨネーズの味付けなので、ご飯が止まりませんね。

特集

FEATURE CONTENTS