椎茸の上手な保存方法

冷蔵の場合

生の椎茸は長期保存ができないので、買ったら2、3日で食べきるようにするのがおすすめ。その間は新聞紙やキッチンペーパーに包んで、保存袋に入れて冷蔵庫へ入れておくとよいでしょう。 白いヒダが上にくるように裏返して置いておくと、より鮮度を長持ちさせることができますよ。もし冬などで寒いときは、風通しのよい冷暗所でもOK。ただし湿気には弱いので、水分には気をつけてくださいね。

冷凍の場合

もしすぐ食べきれないときは冷凍保存するとよいでしょう。土や汚れを取り除いてから、ラップや保存袋に入れて冷凍庫へ。そのままでもスライスしても大丈夫なので、調理を考えてお好みの形状で冷凍しておくと便利です。 調理するときは冷凍のまま使うと水っぽくならずにおいしく食べられます。

おいしさを堪能!人気椎茸料理5選

1. 肉厚椎茸のじっくりバターステーキ

肉厚椎茸はただ焼くだけでもとってもおいしいですよね。じっくり焼くことで旨味が引きだされ、口に入れるとあふれんばかりの汁が! ここにバターと醤油で味付けしているので、もう間違いない味です。大きくて立派な椎茸を手にしたら、贅沢にステーキにしてみてはいかが?

2. 椎茸の含め煮

煮物にしてもおいしい椎茸は、醤油、砂糖、酒、みりんでしっかりと味をつけるとおどろくほど上品な味わいになります。口の中でふわっと開く香りと、ジュワっと広がる椎茸の出汁と甘めの味付けがたまりません。 作り置きしておくとあとひと品ほしいな、なんてときにも大活躍。

3. 旨みが踊る♪ 椎茸のふんわりえびしんじょ揚げ

Photo by macaroni

肉厚な椎茸のはじけるような食感と、えびしんじょのプリっとした食感が食べていて楽しいひと品です。油を吸った椎茸は旨味たっぷりで、えびしんじょの塩気と相性ばつぐん。えびの風味が効いているので、どこか上品な味わいも楽しめます。 お好みで生姜のすりおろしを混ぜるとより上品な味わいになりますよ。

4. ふっくらジューシー!肉厚椎茸つくね

Photo by macaroni

おつぎはみんな大好き椎茸に鶏つくねを詰めて焼いたこちらレシピです。こんがり焼けた椎茸と甘辛な照り焼き味はやみつきになるおいしさ。 卵黄をつけて食べれば至福の味わいを楽しめます。肉厚な椎茸を使うと満足感もアップ、メインのおかずにもピッタリです。
Photos:6枚
大振りな椎茸が画面いっぱいに無数映っている画像
椎茸のカサに格子状に切れ込みを入れて焼いたものふたつを盛り付けたプレート
白い陶器製の器に入れられた椎茸の含め煮、手前に水引と箸
籠のザルに盛り付けられたまんまるの椎茸えびしんじょ揚げ
椎茸鶏つくねを並べて盛り付けた画像
椎茸、しめじ、にんじんなどを入れたキノコの炊き込みご飯、スプーンでひと口分すくってアップにしている画像
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ