パパッと作れる!小松菜チャーハンの基本レシピ&献立案6選

今回は、小松菜を使ったチャーハンのレシピをご紹介します。小松菜といえば、緑の野菜のなかでも、ほうれん草とそうへきをなす存在ですが、たまに冷蔵庫の隅に眠ってしまうことが……。あわせて、副菜、汁物レシピもチェックして小松菜の消費に役立てましょう。

2019年6月18日 更新

小松菜チャーハンの基本レシピ

テーブルの上、白い器に盛られた小松菜チャーハンと飲み物、スプーン

Photo by tumu

まずは基本のレシピから!今回の小松菜チャーハンは、調理工程もシンプルで作りやすく、パパッと食事を用意したいときにうってつけです。味付けは塩こしょう、和風のだしの素でさっぱり和風味に。お好みで具材を足してお楽しみください。

材料(1人分)

・温かいごはん……お茶碗1杯よりすこし多め
・小松菜……2束
・長ねぎ……1/2本
・にんにく……1片
・卵……1個
・しらす……手で2つかみ(20g程度)

・サラダ油……適量

調味料
・塩こしょう……少々
・和風顆粒だしの素(鶏ガラスープの素でも)……小さじ1.5杯
・醤油……小さじ1杯

下ごしらえ

1. まずは具材の準備から。小松菜は茎と葉に分け、茎の部分は細かいざく切りに。葉の方は細くカットしてからさらに横にざくざく切って、粗みじん切りに近い状態に。長ねぎは小口切り、にんにくは薄くスライスしましょう。

2. ボウルに温かいごはんを入れ、溶き卵を流し入れ、しゃもじでざっくりと混ぜ合わせます。

作り方

3. フライパンに油をひき、弱火でにんにくスライスをじっくり炒めます。

4. 香りが出たら、小松菜の茎の部分と長ねぎを入れ、ささっと炒めます。軽く火が通る程度でいいですよ!

5. 具材を端に寄せて、卵をからめたごはんを入れ、中火で炒めていきます。ごはんに軽く焼き色がついたら、小松菜の葉の部分、しらすを加え、ざっくり炒め合わせます。

6. 塩こしょう、和風顆粒だしの素をくわえて炒め合わせます。最後に醤油を鍋肌から回しかけ、香ばしさが出たらざっくりと混ぜ合わせて完成!器に盛り付け、お好みで青ねぎやきざみのりなどを散らして食卓へ♪
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう