塩加減が決め手!エリンギのベーコン巻きレシピ・作り方

エリンギは、日本では比較的新しい種類のキノコです。元はイタリアやフランスなど地中海沿岸が原産で、1993年に愛知県林業センターで初めて人工栽培が行われて、太くて大きいエリンギが開発されました。しっかりとした歯応えと松茸に似た香りが魅力で、ソテーや炊き込みご飯など万能選手です。

2019年6月13日 更新

エリンギ×ベーコンのアレンジ5選

1. 長ねぎとエリンギとベーコンの串焼き

材料を串に刺して焼くだけの簡単レシピですが、見るからにおいしそうですね。ビールやワインのおつまみに最高です。金網や魚焼きグリルを使えば、油を使う必要がなくてヘルシーです。ベーコンのうまみがエリンギなどの野菜に移ります。

2. エリンギのソース炒め

エリンギをベーコン、ピーマンと一緒にウスターソースで炒めるというユニークレシピです。思わず、焼きそばを加えたくなりますね。それぞれの材料の食感の違いが妙です。おつまみにもご飯のおかずにもよし。お弁当にもどうぞ。

3. エリンギのポタージュ

ジャガイモなどの芋類はポタージュスープの材料としてよく使われますが、キノコの中でも比較的しっかりと食感のエリンギを使ったポタージュはユニークです。材料を炒めてから、やわらかくなるまで、コトコトと煮込みます。そしてミキサーで滑らかに。

4. エリンギとベーコンのジェノヴェーゼ

エリンギとベーコンを炒めてパスタ加え、バジルの香りと松の実の食感が楽しいジェノヴェーゼソースを絡めます。これはもう、おいしくないわけがありません。ジェノーベぜパスタにはジャガイモなどが使われることが多いのですが、キノコ類であるエリンギからはうまみが出ますよ。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう