スープに入れてもサラダにしても♪ 大豆もやしのおすすめレシピ20選

大豆もやしは豆の部分のコリコリとした食感と太い茎で通常のもやしよりもがっつり食べ応えがあります。炒め物に使われることが多いのですが、サラダや鍋もの料理など幅広く使うことができるんですよ!今回は、大豆もやしのおすすめレシピをご紹介。もやしレシピの幅を広げてみましょう♪

2019年6月13日 更新

大豆もやしとは

大豆もやしは、大豆の種子を水に浸して暗い所で発芽、10日ほど成長させたものです。通常のもやしと比べて、豆の部分煮大豆のコリコリとした食感と風味が感じられます。また、茎の部分が太くしっかりしているので、こちらもシャキシャキとした歯ごたえがありますよ!

通常のもやしよりもやや火が通りにくいので、スープ・鍋物・炒め物にするのがおすすめ。また、豆の食感を楽しむためにナムルにしたり、ビビンバの具材に使うとご飯の途中のアクセントになり最後まで飽きずに食べられるなど、箸休め的なお料理にもおすすめです。

大豆もやしのサラダレシピ5選

1. 野菜がいっぱいおかずサラダ「アジと夏野菜のバランス南蛮漬けサラダ」

たっぷりの野菜に味の南蛮漬けでごちそうサラダはいかがですか?南蛮漬けにはらっきょう酢を使って時短をはかります。食感と味の違う野菜を組み合わせることでおかずにもなるひと品ですよ!ランチタイムならパンとこのサラダだけでも十分ですね。

2. 豆の風味がイイよね!「豆モヤシのナムル」

大豆もやしを使ったナムルは箸休めにぴったりです。ごま油とにんにくの風味を効かせればお酒のおともにもなりますよ!おいしさアップのコツはひげ根を丁寧にとること、ひと手間かければおもてなしのひと品にもなります。

3. 豆のスプラウトの二重奏「大豆もやしと豆苗のサラダ」

大豆を発芽させた大豆もやしと、エンドウ豆の豆苗を合わせたサラダです。どちらもしゃきっとした食感が楽しめる食材ですが、しめじがアクセントになりますよ!塩コショウでシンプルな味付け、大豆もやしは袋ごとレンチンをして使うので手間もかかりません。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう