ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

大豆もやしとは

大豆もやしは、大豆の種子を水に浸して暗い所で発芽、10日ほど成長させたものです。通常のもやしと比べて、豆の部分煮大豆のコリコリとした食感と風味が感じられます。また、茎の部分が太くしっかりしているので、こちらもシャキシャキとした歯ごたえがありますよ! 通常のもやしよりもやや火が通りにくいので、スープ・鍋物・炒め物にするのがおすすめ。また、豆の食感を楽しむためにナムルにしたり、ビビンバの具材に使うとご飯の途中のアクセントになり最後まで飽きずに食べられるなど、箸休め的なお料理にもおすすめです。

大豆もやしのサラダレシピ5選

1. 野菜がいっぱいおかずサラダ「アジと夏野菜のバランス南蛮漬けサラダ」

たっぷりの野菜に味の南蛮漬けでごちそうサラダはいかがですか?南蛮漬けにはらっきょう酢を使って時短をはかります。食感と味の違う野菜を組み合わせることでおかずにもなるひと品ですよ!ランチタイムならパンとこのサラダだけでも十分ですね。

2. 豆の風味がイイよね!「豆モヤシのナムル」

大豆もやしを使ったナムルは箸休めにぴったりです。ごま油とにんにくの風味を効かせればお酒のおともにもなりますよ!おいしさアップのコツはひげ根を丁寧にとること、ひと手間かければおもてなしのひと品にもなります。

3. 豆のスプラウトの二重奏「大豆もやしと豆苗のサラダ」

大豆を発芽させた大豆もやしと、エンドウ豆の豆苗を合わせたサラダです。どちらもしゃきっとした食感が楽しめる食材ですが、しめじがアクセントになりますよ!塩コショウでシンプルな味付け、大豆もやしは袋ごとレンチンをして使うので手間もかかりません。

4. 3種の薬味でさっぱりと「鶏と大豆もやしの薬味和え」

大豆もやしと鶏ささみを使った低カロリー、高たんぱくなヘルシーサラダ。青しそ・みょうが・ゴマといった薬味やショウガがたっぷりと入ることにより、食べたときに複雑な味わいを感じたり、ひと口ごとに違う味を楽しむことができます。

5. しっかりした味のウマサラダ「豆もやしとゴーヤのサラダ ピリ辛砂肝の食べドレ」

ゴーヤと大豆もやしを使ったサラダ。スライスした砂肝を使ったドレッシングがかかっているので、おつまみやお食事サラダになりますね。ゴーヤの苦みと大豆もやしのコリっとした食感が特徴、ドレッシングに使われる白ネギもアクセントになります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS