ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

材料3つですぐできるおやつが勢ぞろい!

毎日のおやつ、手作りなら安心して食べられてうれしいですよね。それが簡単に作れるとなればもっとうれしいはず! 今回は思い立ったときにすぐできる、材料3つの簡単スイーツのレシピをご紹介します。毎日のおやつに、食後のデザートにいかがでしょう?

1. バニラアイスでしっとり濃厚スフレチーズケーキ

Photo by macaroni

【材料】卵・クリームチーズ・バニラアイス
卵、クリームチーズ、バニラアイスを使った、ふわっふわな舌触りがたまらないスフレです。砂糖やクリームはバニラアイスにすでに入っているので必要ありません! 甘さ控えめのスフレに粉糖とはちみつをかけて食べれば、しゅわっととろける至福の時間……。はちみつをかけないときは、生地に砂糖をプラスして焼いてくださいね。 焼きたてのしゅわしゅわが一番おいしいので、食べるタイミングに合わせて焼き、ベストタイミングで召し上がってください♪

2. 台湾スイーツ♪ とろ〜りはちみつ豆花(ドウホワ)

Photo by macaroni

【材料】豆乳・はちみつ・粉ゼラチン
台湾スイーツの定番・豆花も、材料たった3つ。豆乳とはちみつをゼラチンで固めればハイ完成の簡単レシピです♪ 大きめのスプーンですくってタピオカやピーナッツをトッピングすれば、そこはもう台湾。ふるふるつるん!ののど越しに、もはや飲み物の勢いで食べられちゃいますよ。 ピーナッツは食感のいいアクセントになるので、ぜひ加えたいところです。

3. 口どけなめらか!濃厚生チョコレート

Photo by macaroni

【材料】ミルクチョコレート・生クリーム・ココアパウダー
憧れの生チョコも、実は材料3つなんです。刻んだチョコレートに温めた生クリームを加え、だまにならないように素早く混ぜます。冷蔵庫で冷やし固めてカットし、ココアをまぶしたら完成です♪ チョコレートは細かく刻んでおくと溶けやすく、だまになりません。さらになめらかな口当たりを目指すなら、型に流す前に一度裏ごししてくださいね。カットするときは包丁を温め、切るたびにきれいに拭くと切りやすいですよ。 とっても簡単なレシピなのに、お店のようなとろける口どけにうっとりしてしまいます♪

4. 本格味。お豆腐アンダギー

Photo by macaroni

【材料】絹豆腐・ホットケーキミックス・グラニュー糖
沖縄を代表するお菓子・サータアンダギーをお豆腐でアレンジした、お豆腐アンダギー。なんと、使うのはホットケーキミックスとお豆腐だけ。もはや材料3つではなく材料2つでできちゃうんです! つぶした豆腐にホットケーキミックスを混ぜた生地を丸め、油でこんがりと揚げます。揚げたてにグラニュー糖をまぶせば、あら不思議サータアンダギーの完成です! お豆腐の水分で生地をこねるので、豆腐はあえて水切りせずにそのまま使用します。水分が足りないときは水で補ってくださいね。ココアや抹茶をまぶしてオリジナルアンダギーも楽しめますよ。

5. アイスで作る!抹茶ババロア

Photo by macaroni

【材料】抹茶アイス・牛乳・粉ゼラチン
さわやかに映える若草色の抹茶ババロアは、高級抹茶や生クリームがなくても、抹茶アイスがあれば大丈夫!溶かした抹茶アイスに牛乳を混ぜ、ゼラチンで固めます。 仕上げにホイップと小豆を添えれば、暑さも吹き飛ぶ抹茶ババロアの完成です!ゼラチンは加熱しすぎると固まらなくなるので、様子を見ながら加熱してくださいね。 ゼリー型に流して固めれば、見た目にもキュート。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS