肩ロースステーキの焼き方

Photo by uli04_29

今回は、厚み1.8cmのアメリカ産肩ロース肉を、ステーキとして焼く方法をご紹介します。焼き加減は、中心部分がピンク色になるミディアムになるように焼きました。焼き加減の調節は、時間より肉の状態をしっかり見るのが重要です。

材料(1枚分)

Photo by uli04_29

・牛肩ロース(厚さ1.5~2.5cmのもの)……お好みで ・塩……肉重量の0.8~1.0% ・油……大さじ1 ※塩を、親指と人差し指、中指の3本で「ひとつまみ」すると、約1g(小さじ1/5)になります。計量しなくても、肉の重量が分かっていれば最適な塩の分量を、ひとつまみを何回分かで調整することができます。

焼き方

1. 強火で油を熱し、肉を入れたらすぐ中火にする

Photo by uli04_29

フライパンに油を入れ、よく熱したら肉を入れます。肉を入れたらすぐに中火にして肉表面にツヤが出てくるまで、動かさずに焼きます。

2. 中火で脂をかけながら両面を焼く

Photo by uli04_29

肉の端の色が変わって、表面にツヤが出てきたら、裏返します。裏返したら、肉から出た脂をスプーンで、肉の中心にかけながら、両面にいい焼き色がつくまで中火で焼いていきます。

3. 肉を休ませてから切る

Photo by uli04_29

両面に焼き色がきれいについたら、火を止めて、温かい場所に肉を置いて6分ほど休ませます。網の上にあげると、カリッと焼かれた肉表面の食感が損なわれません。肉の線維を断つように切り分けると、さらにやわらかく食べられます。

お肉の厚みと焼き加減の確認

Photo by uli04_29

特集

FEATURE CONTENTS