肩ロースステーキをやわらかく焼く方法!たった3つのコツでOK

リーズナブルな肩ロースを、とびっきりおいしいステーキにしましょう!たった3つのポイントをおさえれば、驚くほどやわらかい肩ロースステーキになりますよ。レアやミディアム、ウェルダンを見きわめる方法もあわせてチェックしていきましょう。おいしいステーキは自分へのご褒美にぴったり♪

2019年6月6日 更新

2. 筋切りをする

生のステーキ肉に包丁の先で切り込みを入れる様子

Photo by uli04_29

肩ロースは、スジ(赤身と脂肪の境目にある筋)が多い部位です。「筋切り」とは、スジを断つように包丁の先端で、もしくは包丁のかかとで切っていく作業。肉をきれいに焼き、食べやすくする効果があります。切り込みは2cm前後の間隔で、1cmほどの深さで切れ目を入れましょう。

3. 焼く直前に下味をつける

生のステーキ肉に塩をふろうとしている様子

Photo by uli04_29

焼く直前に肉に塩をまぶしたら、軽く肉を押さえるように手でなじませましょう。

肉に限らず、塩をふると浸透圧で食材から水分が出ていきます。牛肉でも同じことがおきます。そのため、塩を焼く直前にふることで、焼く前に肉汁が逃げるのを最小限にとどめることができる、と言われています。

※塩で下味をつけるタイミングについては、さまざまな方法や意見があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

肩ロースステーキの焼き方

ステーキを盛り付けたお皿

Photo by uli04_29

今回は、厚み1.8cmのアメリカ産肩ロース肉を、ステーキとして焼く方法をご紹介します。焼き加減は、中心部分がピンク色になるミディアムになるように焼きました。焼き加減の調節は、時間より肉の状態をしっかり見るのが重要です。

材料(1枚分)

ステーキと油、塩を置いたテーブル

Photo by uli04_29

・牛肩ロース(厚さ1.5~2.5cmのもの)……お好みで
・塩……肉重量の0.8~1.0%
・油……大さじ1

※塩を、親指と人差し指、中指の3本で「ひとつまみ」すると、約1g(小さじ1/5)になります。計量しなくても、肉の重量が分かっていれば最適な塩の分量を、ひとつまみを何回分かで調整することができます。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uli04_29

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう