管理栄養士が徹底解説!ズッキーニの栄養成分&おすすめの食べ方

今回は、最近スーパーで見かけることが多くなったズッキーニの栄養成分や効能についてを管理栄養士がご説明します。あわせて、栄養素を効率よく摂るためのおすすめの食べ方やレシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

2019年5月30日 更新

知っておきたい「ズッキーニ」の基礎知識

きゅうりではなくかぼちゃの仲間

ズッキーニはきゅうりに似ていますが、実はかぼちゃの仲間。「ペポかぼちゃ」に分類されています。1980年代頃から日本でも広まり始め、出荷量・消費量ともに増加傾向にある野菜です。

全体の太さが均一で表面につやがあり、切り口は水々しく新鮮なものを選ぶといいでしょう。大きくなりすぎると、味が落ちるとも言われています。(※1)

ズッキーニの旬

3〜9月が旬ですが、施設栽培や露地栽培のため通年で流通しています。日本国内で生産が多いのは宮崎県と長野県で、この2県だけで全体の約60%を占めています。それに次ぐ3位は、千葉県です。(※1)

ズッキーニに含まれる栄養成分

とくに多いと言える栄養成分はありませんが、積極的に摂りたい栄養素であるβ-カロテン、食物繊維、ビタミンC、カルシウム、葉酸、ビタミンKが含まれています。各々の栄養素について特徴や働きなどを詳しくみていきましょう。(※2)
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

IsFoodHealthLABO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう