実はすごい緑黄色野菜!しその栄養とおすすめアレンジレシピ5選

刺身のつまや薬味として食べることが多いしそ。さわやかな風味があって清涼感のあるすっきりした味が特徴の香味野菜ですが、実は栄養素を多く含んでいるすごい食材なんですよ。そこで和製ハーブであるしその栄養とおすすめのアレンジレシピをご紹介します。

2019年7月30日 更新

しそとは?

特有のさわやかで強い香りと辛みがある「しそ」は、和製ハーブと言われる緑黄色野菜です。漢字では「紫蘇」と書きますが、中国で漢の時代に子どもが蟹を食べて食中毒になり、赤じその葉を煎じて飲ませると回復したことに由来しています。

中国から日本に伝わったしそは多くの品種があり、なかでも赤じそ、青じそは食用にされています。青じその若葉である大葉や実は刺身の添え物や、冷奴などの料理の香味付け、魚のくさみ消しなどに使われています。

赤じそは梅干しの色付けやしそジュースに、穂じそや実は刺身のつまに使われています。また種子からはしそ油が採れます。

しその旬と産地

しその旬はいつ?

しその旬は青じそも赤じそも5月から7月ごろまでで、6月が最盛期です。この時期には路地物が出回ります。赤じそはこの時期しか手に入りませんが、青じそ(大葉)は主要な産地では温室栽培がおこなわれており、1年を通して手に入れることができます。

しその産地

しその主な産地は愛知県で、赤じそも含めるとしそ全体で全国の約4割の量が収穫されています。ついで静岡県、大分県となっています。

しその栄養価は?

β-カロテン

しそにはカロテンやビタミン群、ビタミンCなどが多く含まれています。特にβ-カロテンの含有量は野菜の中でトップクラスで、しそ100gあたり11000μg含まれています(※1)。

β-カロテンは体内で必要なビタミンAに変換される脂溶性のビタミンです。ビタミンAの主要成分レチノールは、目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗量を強める働きがあります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう