ローディング中

Loading...

柿は昔から、「医者いらず」と言われているほど、栄養バランスが整っています。今回は、柿の効能についてまとめてみました。柿にはどんな栄養素が含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか。この記事を読めば、いますぐ柿を食べたくなりますよ。

秋の味覚の大定番「柿」

秋の味覚といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?
さんま、ぶどう、栗……いろいろあると思いますが、やはり「柿」は定番中の定番と言えるでしょう。

柿は9月~12月が旬な時期であり、もっとも市場に出回ります。産地としては、和歌山県を筆頭に、次いで奈良県、福岡県です。柿の原産地として「中国」の説と「朝鮮半島や日本」の説がありますが、中国から渡ってきた説が有力なのだとか。

その品種の数は1,000以上にのぼり、完全渋柿、不完全渋柿、不完全甘柿、完全甘柿の4つに大きく分けることができます。

柿の主な効果効能

風邪予防

風邪は、ご存じのとおり、身体が弱っているときにかかりやすくなる傾向にあります。柿に含まれるビタミンCやビタミンAが、身体本来の免疫力を高めてくれることから、まずウイルスや細菌にかかりにくい身体にしてくれます。

万が一風邪をひいたとしても、栄養素を体内に無駄なく吸収することから、疲労回復効果が高く、治りが早く感じられるでしょう。大根とセットで食べる「柿なます」という料理では、さらに効果的ですよ。

美容効果

美容効果には欠かせない栄養素、ビタミンCを多く含んでいる柿は、女性にとって嬉しい果物です。ビタミンCはコラーゲンのつくられる補助をし、肌のきめ細やかさや骨を丈夫にしてくれます。

また、肌のくすみやシミの原因となるメラニン色素を減らしてくれるため、美白に効果的です。さらに、柿は腸内環境を良くなることからも肌にはいいとされ、吹き出物を予防してくれます。毎日のスキンケアとともに柿をプラスすることで、老化防止にも期待大です。

二日酔い

「二日酔いには柿」といわれるのは、豊富なビタミンCとタンニン、カリウムが理由のひとつとして挙げられます。二日酔いは、アルコールを飲みすぎると体内にアセトアルデヒドが蓄積されることや、アルコールが血液中に入り全身にまわることが原因です。

ビタミンCやタンニンは、血液の中のアルコールを除去する働きとともに、カリウムが尿として身体から排出してくれます。その結果二日酔いになりにくい、もしくは二日酔いを早く改善する効果が期待できるのです。

柿にはカリウムが100g中170mgを含み、干し柿にもなれば670mgと、果物のなかでトップクラスとなります。お酒を飲む際には、柿を用意しておくといいでしょう。

便秘

柿のペクチンがもつ整腸作用で、便秘を予防してくれます。便秘とは、筋力低下、食生活が大きく関わりがあるとされていますよね。

食生活が原因であれば、水溶性の食物繊維である柿は、便秘解消には最適の食べ物です。ペクチンによる整腸作用や、ビタミンCによる抗ストレス作用などにより便秘改善が期待できます。

柿のもつ栄養素

ビタミンC

柿100gに対し、ビタミンCは70mg含まれています。これは、みかんのおよそ2倍の数値です。柿1個を食べれば、1日分のビタミンの摂取量100mgに達します。

ビタミンCには抗酸化作用があるため、身体に悪影響を与える活性酸素を抑える働きを持っており、免疫力を高めてくれるのです。また、ストレス抗ホルモンを作成し、コラーゲンの合成を助けて肌や骨を丈夫にしてくれる効能があります。

ビタミンCが体内から不足すると、コラーゲン構造が低下するために毛細血管が出血を起こし、歯肉炎、貧血、全身倦怠感、食欲不振が症状が出てくるでしょう。

β-カロテン

β-カロテンは、身体の皮膚や粘膜の再生、免疫機能を保つ効能や、視力を維持するための成分が含まれています。柿100gに対し、含有量が160mcgと高く、さくらんぼの倍の数値です。

β-カロテンは、腸に吸収される際にビタミンAに変換され、ほかの栄養素の働きを促進してくれます。色鮮やかな果物や緑黄色野菜に多く含まれ、効能としては暗いところで視力が低下する夜盲症の予防や改善です。

また、身体の粘膜を丈夫にする働きがあるため、のどや鼻の粘膜さらには胃や腸などの体内の粘膜にも効果的なんですよ。

ペクチン

身体に蓄積されたダイオキシンと結びつき、身体の外に排出してくれたり整腸作用もあるのがペクチンです。身体に必要な栄養素のひとつともされているんですよ。食感やとろみを調整するために、食品添加物として利用することもできます。

タンニン

タンニンとは、植物の渋みや苦みなどの成分であり、ポリフェノールの一種です。抗酸化作用が強く、活性酸素を除去する働きがあります。柿の皮に多く含まれており、血流が詰まらないようスムーズに促すため、ペクチン同様血糖値の急激な上昇を抑える役割を担っています。

柿はポリフェノールを、ワインの20倍も含んでおり、抗菌・解毒作用もあるため、虫歯を予防する効果や口臭予防に役立ちます。腐敗や発酵を起こさないようにするための、防腐剤としての利用も可能です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

生はちょっと危険!「なめこ」の正しい下処理とおいしい食べ方をガイド

レシピ

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いですよね。しかしなめこの正しい調理法をご存じですか。なめこは洗った方がいいのか?なめこの正しい食べ方や保存期間、おすすめの使い方レシピま…

「お茶の子さいさい」ってどんな意味?言葉の由来は?

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

皮と種どうしてる?ぶどうの上手な冷凍保存方法&賞味期限

ぶどう

そのまま食べてももちろんおいしいぶどうですが、冷凍すると長く保存できるだけでなく、甘味が増しておいしく食べることもできます。ぶどうの上手な冷凍保存方法と、保存期間(賞味期限)についてご紹介。ぶどうを買った際に…

脳みそはない!? カニ味噌の正体&最高の食べ方

カニ レシピ

カニ味噌とはカニの脳みそなのでしょうか?今回はカニ味噌の意味や食べ方をご紹介。おいしいカニの見分け方や、カニ味噌におすすすめのカニの種類まで、カニ味噌情報満載です。知らなかったカニ味噌についてたっぷり説明しま…

京都にまつわる「ぶぶ漬け」の噂って本当?語源と意外な真相とは

京都

ぶぶ漬けとは何かをご存知ですか?京都が発祥といわれているお茶漬けですが、どのような食べ物なのでしょうか?現地ではぶぶ漬けのおいしいお店が人気なのだとか。ここではぶぶ漬けの発祥と、意味についてをご紹介していきま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

インフルエンザに効果的な食べ物6選!身体の中から病気と戦おう!

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

花見やハイキングの強い味方!使い捨てだけどかわいい食器『3』選

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

料理だけじゃない!?意外なココナッツオイルの使い方5選!

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

連載記事

和食屋が作る、寒い季節にぴったり「肉豆腐と大根の煮物」レシピ

和食 レシピ

こんにちは!白金の和食処「和味大輔」店主の井上です。お客様からまかないを食べたいというお声をいただく機会も多く、レシピを公開していきたいと思います。今回は、寒い季節にとてもおすすめ!お酒のおつまみにも最適な肉…

大阪にある人気殺到の「ミスドミュージアム」で手作りドーナツ体験をしよう!

大阪 ドーナツ

大阪市吹田市のダスキンミュージアム1階に「ミスドミュージアム」が10月1日にオープン。中でも特に人気なのがミスドキッチンです。ここはドーナツ作りの体験をすることが可能なコーナーになっています。できたてアツアツ…

ヒルナンデスで紹介された大人気クリームパン5選!

パン スイーツ まとめ

お昼のテレビ番組「ヒルナンデス」で紹介された大人気クリームパンをまとめました。ふわっとしたパンに包み込まれたクリームとのハーモニーは何だか幸せになれますよね!それぞれ違ったおいしさを味わえるのでぜひ食べてみて…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る