ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

柿の栄養と効果効能

β-カロテン

柿には100gあたり、420μgのβ-カロテンが含まれています。

私たちの体の細胞は年齢を重ねることや紫外線、ストレスにより酸化されます。これにより体内に活性酸素が増えます。体内で増えた活性酸素から体を守ることを抗酸化作用と言い、β-カロテンは、細胞が酸化するのを防いでくれます。

また、β-カロテンは体のなかで必要な分だけビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の生成をサポートする役割があります。(※1,2,3)

食物繊維

柿には100gあたり、1.6gの食物繊維が含まれており、その多くは不溶性です。

不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増す働きがあります。それにより、腸の壁が刺激されてスムーズな排便を促すため、便秘対策に役立ちます。また、水溶性・不溶性どちらの食物繊維も、善玉菌のエサとなって腸内環境を整える働きがあります。(※1,4)

マンガン

柿には100gあたり0.5mgのマンガンが含まれています。

マンガンには、糖質や脂質の代謝に働きかける酵素を活性化させる役割があります。酵素をしっかりと働かせることにより、効率よく糖質・脂質をエネルギーとして利用できます。(※1,5)

ビタミンC

柿には100gあたり、70mgのビタミンCを含みます。

老化の原因のひとつが体内に存在している「活性酸素」という物質。活性酸素が細胞を傷つけたり、LDLコレステロールが酸化されたりすることで、血管の老化を促してしまいます。柿に含まれるビタミンCには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑制することで老化対策につながります。(※1,2,6,7)

カリウム

柿は100gあたり、170mgのカリウムを含みます。

カリウムは、体内の余分な塩分(ナトリウム)を体の外に排出する働きがあり、塩分の摂りすぎによるむくみを抑制します。また、ナトリウムとともに細胞の浸透圧を調節・維持する働きがあるので、長時間座りっぱなしによるむくみの対策にもなります。(※1,8,9,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS