ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

漬けて食べる。きゅうりのおすすめレシピ5選

1. 焼いたきゅうりをつけるのがポイント!「きゅうりのマリネ」

きゅうりのマリネはよくある料理のひとつですが、こちらのレシピでは最初にオリーブオイルで焼いたきゅうりを漬け込みます。熱いうちにマリネ液につけるので、味がしっかりと早く入っていきますよ!いつもと違うきゅうりのお漬物です。

2. 丁寧な下ごしらえでよりおいしく「きゅうりとみょうがの浅漬け」

みょうがときゅうりの浅漬け、塩昆布を使っているので味が簡単に決まり昆布のうま味も加わりますよ!きゅうりの板ずりやたたききゅうりにするなどひと手間かければさらにおいしくなります。時間のないときにはさっと作って召し上がれ♪

3. 甘みのあるお漬物「きゅうりのビール漬け」

ビールときゅうりを保存袋に入れておくだけでできる漬物。3日目から食べられますが、一週間程度漬け込むと甘みもさらにアップします。お好みで、からしやわさび、鷹の爪を入れてアレンジするのもおすすめ。

4. お祭り気分でカリカリ「きゅうりの一本漬け」

きゅうり一本を丸ごとつけ汁に漬け込むだけ。お祭りでも売られている一本漬けは、おやつにもなるし暑い日にはさっぱりと口から清涼感も感じることができます。きゅうりと一緒になすもつけておくと味の変化も楽しめますね!

5. ごま油の香りがイイね!「韓国風きゅうりの漬物」

蛇腹に切ったきゅうりをもみこめば、あっという間にできる即席漬け。見た目にきれいなだけでなく、味もよくしみますし、食感もアップ!一石三鳥の漬物です。ご家庭にある調味料を使うので、ちょっと食卓がさみしいときにすぐに作ることもできますね。

和えて食べる。きゅうりのおすすめレシピ5選

6. おかずにもなる和え物「きゅうりと厚揚げの和え物」

厚揚げがたっぷりと入っているので思った以上に食べ応えのある和え物です。味付けもオイスターソースを使うのでしっかりとしたコクを感じられますよ!きゅうりは下ごしらえのときにすりこ木でたたくと、あえだれの味をしっかりと含んでくれます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS