ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

いずれ劣らぬ万能調味料!

Photo by muccinpurin

数々のスパイスや調味料をブレンドした万能調味料。業務スーパーの自慢の調味料のなかから「これは使える!」と確信したアイテムを、一気にご紹介します。 いろいろ材料を買い集める必要がなく、すでに味が決まっているので失敗なし!業務スーパーが誇る、いま買うべき万能調味料をご紹介します。

中華系

本気のごはん泥棒!「玉ねぎ入りラー油」

Photo by muccinpurin

油辣椒(玉ねぎ入りラー油)265円(税別)
中国では知らない人がいないという老舗調味料メーカー「老干媽(ローカンマ)」の玉ねぎ入りラー油。 辛さだけでなく、玉ねぎの甘みとカリッと香ばしい大豆が特徴。まさに “元祖食べるラー油” といえるでしょう。

Photo by muccinpurin

シンプルにおいしさを味わうなら、そのままごはんにかけるか納豆ご飯にオン! 大豆の香ばしさとあと引く辛さが、エンドレスで食欲を刺激し続けます。

花椒×山椒のシビれるおいしさ「花椒辣醤」

Photo by muccinpurin

花椒辣醤 236円(税込)
もはや定番となりつつある “シビ辛” ですが、業務スーパーで痺れる辛さの調味料といえば「花椒辣醤」は外せません! 花椒や山椒を筆頭に、痺れる香辛料を独自でブレンドした特製醤は、まさに辛さとおいしさの塊。

Photo by muccinpurin

ごはん泥棒の代名詞・よだれ鶏ならぬよだれ豚だって、花椒辣醤があれば味付けも思いのまま。 しょうゆや砂糖に好みの量の花椒辣醤を加えれば、お店顔負けの特製ダレがすぐできちゃいますよ♪

さっぱり系

ペースト状で使いやすさ抜群!「塩レモン」

Photo by muccinpurin

「塩レモン」185円(税別)
一世を風靡したさっぱり系調味料といえば外せないのが「塩レモン」。 手作りする方も多い塩レモンですが、業務スーパーのものはペースト状で計量もしやすく、使いやすいと評判がいいんです。

Photo by muccinpurin

「ちょっと脂がしつこいな」と感じる豚肉も、塩レモンで炒めればさっぱりいくらでも食べられるおかずに変身! ビンから必要なだけスプーンですくえるのでノンストレスで、なによりこれからの暑い時期にはぴったりなさっぱり調味料です。

ひと振りでさわやかスパイシー「レモンピール&ブラックペッパー」

Photo by muccinpurin

「レモンピール&ブラックペッパー」228円(税別)
エスニック料理の本場・南アフリカ直輸入の「レモンピール&ブラックペッパー」は、ささっと使える本格スパイス。 グラインダー付きなので、挽きたての香りが楽しめます。

Photo by muccinpurin

炒めものの味付けに使えば、柑橘の香りが引き立つさわやかな仕上がりに。 意外ですがホットチョコレートに加えると、レモンやオレンジの香りが加わった、華やかな味わいになるんです。甘さもすっきりとしてとても飲みやすい大人味に仕上がりますよ。

お酢感覚で万能!「白ワインビネガー」

Photo by muccinpurin

ワインビネガービアンコ(白)298円(税別)
1リットル入りで298円とコスパ最高なのが「ワインビネガービアンコ」。 白ワインビネガーというと使い道に悩みますが、実はお酢と同じ感覚でいろいろな料理に使えるんですよ。

Photo by muccinpurin

マリネやドレッシングは定番ですが、おすすめしたいのが火を入れる調理法。お酢系は炒めると酸味がまろやかになって、旨みとコクに変わるんです。 炒めたきのこはさっぱりと食べやすく、常備菜にもぴったりですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS