ライター : yuri

フードコーディネーター/フードスペシャリスト

食品メーカーの商品開発に長年従事。現在はオンラインで働きながら、ライティング活動もしています。macaroniライターを通じて、食に関するさまざまな情報をお届けします。

業務スーパー「業務用 肉だんご」はリピ買い必須!

Photo by yuri

172円(税込)
業務スーパーで販売している肉だんごは、ひと口大の食べやすいサイズで、既に油で揚げたものが冷凍になっている商品です。火が通っているので、電子レンジで温めるだけで食べることができますよ。

SNSでもこちらの商品を何度もリピートしている方や、おすすめしている方を見かけました。「揚げてあるから崩れなくて便利」「100g約34円で破格!」など、利便性やコスパのよさが評価されているようです。

Photo by yuri

国内で製造されている商品で、原料には、国産の鶏肉とつなぎのパン粉、玉ねぎが使用されています。肉の比率は35%ほど。調味料は塩と砂糖なので、シンプルな肉だんごといえます。

購入するタイミングによって多少前後する場合がありますが、賞味期限は約1年だったので、比較的長く冷凍保存できますよ。

基本の調理方法や味わいは?

Photo by yuri

ひと袋に35個入りで、1個あたりの重さは解凍後で14gでした。価格は172円(税込)なので、1個あたり約4.9円とコスパのよい商品です!熱量は100gあたり217kcal。

ひと口サイズで食べやすいのでカットする手間もなく、そのままでも即席のおかずになります。お弁当にもちょうどいいサイズ感で、その日に必要な分だけ解凍できるのがうれしいですよね。

レンジ調理で簡単!

使う分だけ皿にのせ、ふんわりとラップをかけましょう。加熱時間は、2分程度を目安に。筆者は5個分を500Wで1分30秒加熱して、中までしっかりと温まりましたよ。電子レンジのワット数や、使う個数によって加熱時間は異なりますので、調整してください。

Photo by yuri

まず味付けをせずに食べてみると、ほんのりと塩味の感じるシンプルな味わいでした。肉汁は出ませんが、しっとりした食感で、ふんわりやわらかく仕上がっています。鶏肉の臭みもなく、大人から子供まで食べられるクセのない味です。

そのまま食べてもおいしいですが、素朴な味わいなのでほかの食材と合わせたり、ソースを絡めてアレンジしたりするのがおすすめです!

「業務用 肉だんご」のアレンジレシピ3選

1. お弁当のおかずにぴったり!簡単ミートボール風

Photo by yuri

調味料を混ぜ、フライパンで絡めるだけで作れる簡単メニューです。同じく業務スーパーで購入できる「トリノで作ったトマトパスタソース」をケチャップの代わりに使用しても、味に深みがでておいしく仕上がりますよ。

また、ケチャップベースのミートボール風以外にも、スウェーデンミートボール風もおすすめ。生クリームやチキンブイヨンがあれば、同様の手順で簡単に作ることができますよ。

材料(作りやすい分量)

・業務用 肉だんご……5個
・ケチャップ……大さじ3杯(または、トリノで作ったトマトパスタソース )
・ウスターソース……小さじ1杯
・砂糖……ひとつまみ

作り方

フライパンにケチャップ、ウスターソース、砂糖を入れたら軽く熱し、解凍した「業務用 肉だんご」を調味料と絡めます。皿に盛り付け、刻んだイタリアンパセリを散らします。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ