ライター : 満畑ペチカ

調理師ライター

長崎県在住の調理師ライター。新商品やトレンドグルメ、ご当地グルメなど、なんでも一度は食べたい食いしん坊。思わずよだれが出るような実食レビューや食べ比べ、わかりやすい雑学記事…もっとみる

業務スーパーのハッシュドポテトおすすめ3選

Photo by 満畑ペチカ

この記事では筆者がおすすめする、業務スーパーのハッシュドポテト3種類をご紹介します。3種類すべてを複数の方法で調理して、調理方法の違いによる味わいの変化を詳しくお伝えしますよ。

ちなみに業務スーパーは、冷凍ポテト系商品のラインアップが豊富です。筆者が訪れた業務スーパーではハッシュドポテトが3種類、フライドポテトは3〜4種類ほど販売されていました。以下記事では業務スーパーのフライドポテト4種類を詳しくレビューしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マクドナルド風ハッシュドポテトは地域によって品薄状態

業務スーパーのハッシュドポテトといえば、マクドナルドの朝限定サイドメニュー『ハッシュポテト』にそっくりな商品。しかし2022年4月現在、筆者が何度業務スーパーへ足を運んでも、一向に入荷される気配がありませんでした……。

理由はおそらく、2021年末ごろから続く北米産じゃがいもの在庫不足。こちらの商品は原産国がアメリカなので、供給が追いついていないのだと考えられます。品切れの場合も気長に入荷を待ちましょう!

1. 業務スーパー「丸形ハッシュドポテト」

Photo by 満畑ペチカ

192円(税込)
まず紹介するのは、ベルギー直輸入の「丸型ハッシュドポテト」。SNSでは「普通のハッシュドポテトよりおいしい」「お弁当にちょうどいい」と話題の商品です。内容量はたっぷり500g、値段は税込192円でした。

1個あたりの重さは約25gで、1袋に約20個の丸型ハッシュドポテトが入っています。カロリーは100g(約4個分)あたり160kcal。

Photo by 満畑ペチカ

取り出してみると、均一な丸型ハッシュドポテトがお目見え。欠けや割れ、サイズのばらつきもありませんでした。表面には粗く刻まれたじゃがいもがはっきりと見えて、芋らしい食感が期待できます。

大きさは直径4〜5cmで、厚みは1cmほど。朝食の付け合わせにしたり、お弁当に入れたりしやすそうなサイズ感ですよ。

基本の調理方法(フライパン・少量の油)

Photo by 満畑ペチカ

パッケージには、油を使った調理方法として以下2パターンの方法が記載されていました。

1. 170度のたっぷりの油で約4分半揚げる
2. フライパンで少量の油を使い両面揚げ焼きにする

筆者は手軽に調理するため、フライパンを使い少量の油で揚げてみます。使った油は大さじ3〜4杯、フライパンの直径は24cm。少量の油で揚げる場合、調理時間に指定はなく「きつね色になるまで」加熱するそうです。両面がきつね色になったら、再度裏返し約30秒加熱して完成。さっそく実食していきます。

Photo by 満畑ペチカ

まずは何も付けずにひとくち。外側はカリッと、いや、“ガリガリ”という表現のほうが近いほど、歯応えのある食感です。中のポテトはほくほく感よりもしっとり感が強く、ややとろりとした水分を感じます。

噛んでいくと口の中に広がるのは……おや、オニオンリングの風味?少し驚いたのですが、原材料を見て納得。なんとじゃがいものほかに、玉ねぎも使われてるんです。とろりと水分を感じたのも、玉ねぎのおかげだったんですね。加熱した玉ねぎ特有の甘みと香ばしさが、口いっぱいに広がります。

また塩分がしっかり効いているため、味付けなしでも十分なおいしさ。むしろ塩分を足すと塩辛くなってしまうので、味変はスパイスやハーブなど、塩気のない調味料を使ってみてくださいね。

トースターを使用してみると…

Photo by 満畑ペチカ

パッケージに記載されていた以下の手順どおり、オーブントースターでも調理してみます。

1. オーブントースターを1,200Wで予熱
2. 丸型ハッシュドポテトを凍ったまま入れて約7分加熱
3. 裏返して、もう片面を約7分加熱

筆者宅にあるオーブントースターは温度で調整するタイプなので、1,200W相当の230〜250度に設定して調理してみましたよ。やや火力が弱かったのか、よい色合いになるまで記載の時間よりも2〜3分長く加熱する結果に。オーブントースターにも個体差があるので、焼き時間は色を見つつ適宜調整しましょう。

Photo by 満畑ペチカ

オーブントースターで調理した丸型ハッシュドポテトは、油で揚げたものよりもやや食感が弱め。サクサク感はありますが、ガリッとするほどの歯応えは感じられません。

しかし油を使っていない分、くどくなく次々と食べたくなる味わいです。時短したいときや歯応えが弱くてもよい場合は、オーブントースターで調理しても十分おいしくいただけますよ。

電子レンジで温めるだけでもおいしいらしい…?

Photo by 満畑ペチカ

通常、電子レンジ調理に向かないハッシュドポテト。しかし丸型ハッシュドポテトに限っては、SNSの口コミによると「電子レンジで加熱してもおいしい」らしいのです。真偽を確かめるべく、実際に電子レンジで調理してみました。

耐熱皿にキッチンペーパーを敷いてポテトをのせ、電子レンジ500Wで2分30秒加熱すると、湯気に包まれながらポテトが完成!

肝心の味は……おいしいけれど、ハッシュドポテトとしての魅力は半減していました。玉ねぎの甘みやじゃがいものほくほく感はあるのですが、食感はしんなりしています。とはいえ十分食べられるおいしさなので、お弁当やアレンジ料理に使う際は電子レンジで調理してもよいかもしれませんね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ