基本の調理をした様子(フライパン・少量の油)

Photo by 満畑ペチカ

チーズポテトのパッケージに記載されていた油で揚げる調理方法は、「凍ったまま170度の油で5個あたり3分半揚げる」のみ。しかし、「ほかのハッシュドポテトが少量の油で調理できたのだから」ということで、チーズポテトもフライパンで調理してみました。

油の量は大さじ3〜4杯、使用したフライパンのサイズは直径24cmです。きつね色になるまでじっくりと焼き、仕上げに両面を30秒ずつ焼いたら完成。はたしてちゃんと焼けているのか、実食してみます。

Photo by 満畑ペチカ

揚げたてを頬張ると、外はサクッ、中はほっくほく。口いっぱいにチーズの濃厚な風味が広がります。伸び感はありませんが、チェダーチーズのようなクセのある香りがたまりません。油っぽさもなく、やみつきになる味わいで食べる手が止まらない……。気づけば5個ぺろりと食べてしまいました。

チーズ味が濃厚なので、そのままでも十分おいしく、おつまみになるレベルです。味わいのクセが強めなので、ワインにも合いそうですよ。黒こしょうでアクセントを加えたり、ケチャップで酸味を足したりすると、さらに食べる手が止まらなくなりそうです!

トースターを使用してみると…

Photo by 満畑ペチカ

パッケージに記載されていた、オーブントースター調理も試してみます。作り方は「プレートにアルミホイルを敷き、凍ったまま1,200Wで約12分加熱」とシンプル。筆者はオーブントースターを230〜250度に設定して焼いてみました。

ところが12分焼いてみたものの、明らかに生焼け。ひっくり返して12分追加で加熱したら、ようやくいい感じに焼けました。両面を均等に焼くためにも、途中で裏返して長めに加熱したほうがよさそうですよ。

Photo by 満畑ペチカ

倍ほどの時間をかけて焼きあがったチーズポテトは、油で揚げたときと大差ない仕上がり。色が少し薄いかな?というぐらいで、外側のサクサク感や中のほくほく感も、ほとんど違いがありません。チーズの濃厚な風味のおかげで、物足りなさもありませんでした。

焼き時間はかかりますが、油を使っていない分カロリーダウン。ほぼほったらかしで調理できるので、手軽に作りたいときはぜひオーブントースターを活用してみてください!

商品情報

内容量:500g
原産国:ベルギー
原材料:じゃがいも、チーズ粉末、植物油脂、ポテトフレーク、食塩、ぶどう糖など
カロリー(100gあたり):178kcal

業務スーパーの冷凍ハッシュドポテトは店舗購入のみ!

この記事で紹介した業務スーパーのハッシュドポテトは、いずれも業務スーパーの店舗でのみ購入できます。オンラインでは購入できないため、ぜひお近くの業務スーパーで探してみてくださいね。また店舗によっては、価格や取扱商品が異なる場合があります。ご了承ください。

朝食やお弁当、おつまみにもぴったり!

業務スーパーのハッシュドポテトは、どれもおいしくてコスパ抜群!数あるSNSの口コミにも、思わず納得してしまいます。一度買えば朝食やお弁当、おつまみに大活躍です!ぜひ一度、その味わいを試してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ