ライター : 藤井ぽんた

郷土料理ライター

青森のりんご農家出身。ソウルフードは「けの汁」。現在は、横浜でライターとして活動しています。

業務スーパーの人気商品「紙パックスイーツ」レアチーズ

Photo by 藤井ぽんた

業務スーパーの人気シリーズ「紙パックスイーツ」は、その名の通り紙パックにスイーツが入っています。見た目や発想のインパクトが強いため、食べたことがなくてもSNSで見かけた人も多いはず。2022年3月時点では、全6種類のスイーツが販売中です。

この記事では、レアチーズ味をご紹介。実際に食べてみた感想や、4つのアレンジをお届けします!

SNSでも話題に!売り切れ注意の「紙パックスイーツ」レアチーズ

SNSでは、多数の口コミやアレンジが投稿されていました。コメントの大半は「甘さ控えめで食べやすい」「まるで飲み物!」と高評価。ジャムや果物など、思い思いのトッピングをしている人もいましたよ。

「念願のレアチーズ!やっと買えた」というコメントもあったので、人気があるからこそ、品切れしているときもありそうです。

味よし、コスパよしのレアチーズ

Photo by 藤井ぽんた

スフレやベイクド、タルトなどアレンジ方法がたくさんあることから、チーズ好きを中心にリピーターが続出しているようです。

その名の通り容量は1kg。そのままで食べる場合は約8人分の量です。チーズケーキにアレンジすると約20人分作れちゃう、お得感あふれるサイズにびっくり。

食べる量を調整できるので、カロリー計算も楽ちん!

Photo by 藤井ぽんた

100gあたり200kcalなので、8人で分けると1人あたり250kcalほど。食べる量を調整できるのも本商品のよいところです。カロリーが気になる人は、気持ちやや少な目で盛り付けてみてくださいね。

1人あたり40円で本格レアチーズが楽しめる

6種類の味がある「紙パックスイーツ」のなかでは、レアチーズは322円(税込)と数十円高い値段でした。とはいえ、1人分で計算するとたった40円と破格の安さ!お手頃価格なので、毎日のおやつにもぴったりな家計にやさしいスイーツです。

同シリーズ3種の価格比較〉
コーヒーゼリー:217円(税込)
杏仁豆腐:272円(税込)
カスタードプリン;267円(税込)

レアチーズはお好みで何通りのアレンジもできる

Photo by 藤井ぽんた

パッケージ記載のアレンジには、ティラミスとレアチーズタルトの例が紹介されています。どちらも溶かして固めるだけのシンプルな調理方法なので、お菓子作りが苦手な人でもチャレンジしやすいはず。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ