ライター : 廣瀬茉理

グルメライター

地方タウン誌でグルメライターをしてました!おいしいものは食べるのも、作るのも、大好き。美容にも興味が深々で、おいしくてキレイになれる欲張りな食べ物を探してます…。

リピ決定!業務スーパーの「冷凍フライドポテト」

Photo by 廣瀬茉理

業務スーパーは、さまざまな国の輸入食品を大容量でお得に購入できるスーパー。プロの食材調達にも使われます。そんな業務スーパーでイチオシなのが冷凍フライドポテト。オランダやベルギーから輸入された商品が多くそろいますよ。

1. 神戸物産「フレンチフライズ シューストリングカット」

Photo by akiyon

214円(税込)
「フレンチフライズ シューストリングカット」は、業務スーパーがベルギーから直輸入した冷凍フライドポテトです。35×25cmくらいの大きな袋入りで、その重さはなんと1kg。

食べたいときに食べたい分だけ出し、あとは揚げるだけ!袋にチャックがついていないので、残った分は保存袋に小分けにして冷凍庫で保存するとよいでしょう。気になるカロリーは、100gあたり148kcalです。

Photo by akiyon

ボウルにザーッと全部出してみると、予想どおりたっぷり!これなら大家族でも、もちろんひとりでたくさん食べたいときも、思う存分楽しめそうですよね。

ポテトの形は、ネーミングのとおり “靴ひものように細長い” のが特徴。中まで火が通るのが早く、カリっとした食感に仕上がりやすいスタンダードな形です。

基本の調理方法

Photo by akiyon

フライドポテトの作り方は、たっぷりの油(170℃)で2分半揚げるほか、多めの油で揚げ焼きにしても作れます。1本1本が細長いので、揚げ焼きでも十分カリカリほくほくに揚げあがりますよ。その場合は、ポテトをときどきひっくり返しながら3~4分ほどかけて仕上げるとよいでしょう。

細さが絶妙。熱々カリカリ!

Photo by akiyon

揚げたてのフライドポテトは、熱々カリカリ!ホクっとした噛み心地で、しだいにじゃがいもそのものの甘味を感じます。後味がいいので、このまま何もつけなくても十分楽しめそうなくらいです。

レビューの詳細はこちら▼

マックポテトが再現できる裏ワザも!

Photo by pomipomi

さらに、こちらのフライドポテトは、マックポテトが “ほぼ” 再現できるんです。

裏ワザとして「油に牛脂を加える」「ダシダで味付けをする」の2つの方法があります。以下の記事で実際に作ってレビューしているので気になる方はチェックしてみてくださいね。

レビューの詳細はこちら▼

2. 神戸物産「フライドポテトシューストリング」

Photo by 廣瀬茉理

195円(税込)
オランダ直輸入のフライドポテト。ファーストフード店のポテトのようなまっすぐとした細切りタイプで、フライドポテトの代表的なカットスタイルです。

Photo by 廣瀬茉理

1本あたり3~10cmくらいの長さのものがまばらに入っています。容量はずっしり1kgで、カロリーは100gあたり152kcal。賞味期限は約1年です。持ちの良さも嬉しいポイント!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ