調理師が教える!本格的な「フレンチトースト」の作り方・レシピ

調理師のフレンチトーストのレシピを大公開!調理師が教える3つのコツで、ふわふわしっとり、とろけるような魅惑の食感です。フレンチトースト特製オレンジソースも添えて、本格的なひと品に仕上げますよ。おすすめのトッピングや、余った食パンに耳をおいしく食べるレシピもご紹介します♪

2019年8月2日 更新

レンジで混ぜるだけ!簡単マーマーレードソースの作り方

ハート型のココットにいれた簡単マーマレードソース

Photo by kii

オレンジソースをつくるのは、ちょっぴり面倒かも……というときは、こちらの簡単マーマーレードソースはいかがでしょうか?材料をすべて耐熱容器にいれて、レンジで加熱して混ぜるだけで、パパッと作れますよ。

材料(1人分)

・マーマレード……大さじ1
・水、オレンジキュラソー……各小さじ1

作り方

1. レンジで加熱できる耐熱容器に、材料をすべて混ぜ合わせる

2. ラップをしないで、600Wのレンジで20秒から30秒加熱する

3. 取り出して混ぜ合わせる

4. そのまま冷ましてあら熱をとって、とろみがついたら完成!

フレンチトースト作りの3つのコツ

お皿に盛りつけたフレンチトースト

Photo by kii

1. 浸し時間はお好みに合わせて!

フレンチトーストの食感は、卵液に食パンを浸す時間で変わります。基本の作り方でご紹介したように10時間じっくりと浸すと、ふわふわしっとり、やわらかくとろけるような舌触りに。食パンの食感が残ったかための仕上がりが好きだったり、すぐに作って食べたかったりする場合は、片面30秒ずつでもOKです。何回か作ってみて、自分好みの食感を探してみてくださいね。

また、浸す時間は長く取れないけど、しっかりと卵液をしみこませたいときは、電子レンジを活用しましょう!耐熱容器に食パンを入れて、卵液をまわしかけたら、600Wのレンジで30秒加熱します。裏返したら、もう一度600Wのレンジで30秒加熱してください。

2. ふわふわに仕上げたい場合は厚切り食パンを!

食パンは、お好みの厚さのもので作っても大丈夫です。また、食パン以外にも、フランスパン、ベーグル、クロワッサンなどのパンを使っても、また違った味わいのフレンチトーストを楽しめますよ。

ただ、ふわふわしっとり、とろけるようなフレンチトーストを作りたいときは、4枚切りの厚切り食パンを使ったり、1斤の食パンを厚めにスライスしたりして、厚めの食パンを使ってください。厚めの食パンを使うことで、食パンにたっぷりと卵液をしみこませることができて、ふわふわしっとりなフレンチトーストに仕上がります。
3 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう