新スイーツ誕生!カリじゅわの「カステラフレンチトースト」の作り方やアレンジレシピを紹介

みんな大好きフレンチトースト。このカステラフレンチトーストは通常のフレンチトーストよりも時短ができて、さらに食感がカリっ、じゅわっとしていて中毒者が続出中なんだとか。そんなカステラフレンチトーストの作り方やアレンジレシピを紹介します。

ハイブリットスイーツの新レシピ

スイーツとスイーツを掛け合わせた、ハイブリットスイーツが流行っているいま、新たに最高のスイーツが誕生しました。

優しい甘さと、ふわふわの食感がたまらないカステラと、ブームが冷め止まないフレンチトースト。この人気の2つを掛け合わせた「カステラフレンチトースト」が、じわじわと注目され始めているんです。

カステラフレンチトーストが大人気!

カステラフレンチトーストとは、フレンチトーストを作るときに使用するパンを、カステラに変えて作る、新型ハイブリットスイーツです。

通常のパンよりもカステラのほうが卵液が染み込みやすく、漬ける時間が短くてもしっとりとしたジューシーなフレンチトーストが作れることが特徴です。しかも、カステラ自体に卵と牛乳が使用されているので、味はより濃厚になり、甘みも増して、中毒茶が続出するほどのおいしさなんだとか。カステラがあればおうちでも簡単に作れるんですよ。

カステラフレンチトーストの作り方

作り方はとっても簡単です。

溶き卵と、牛乳混ぜ合わせ卵液を作ります。カステラは食べやすいサイズにカットし、さきほどつくった卵液につけ、よく染み込ませましょう。マーガリンやバターを溶かしたフライパンに、漬け込んだカステラ入れ弱火で焼き、両面に焼き目がついたら完成です。お好みで粉砂糖を振りかけたり、バニラアイスやフルーツをトッピングしてもいいですね。

日が経ってパサついてしまったカステラでも、フレンチトーストにしてしまえば、さらにおいしくできるというのもうれしい!おうちで余ったカステラで、作ってみませんか?

みんなのカステラフレンチトースト

カフェオレフレンチトースト

漬け込む卵液を、牛乳ではなくカフェオレにするというアレンジもあります。朝ごはんに、コーヒーと一緒に食べたら、最高においしいでしょうね。

前日の夜に漬け込むまでの下準備をしておけば、しっかり卵液が染み込む上に、翌朝は焼くだけというお手軽さも加わって、一石二鳥ですよ。

生クリーム、フルーツを添える

通常のフレンチトーストと同じように、フルーツや、ホイップクリームを添えて食べるのもおいしそうですね。

旬のフルーツや、たっぷりふわふわに泡立てたホイップクリームを、好きなだけ添えて召し上がれ。

レモンと紅茶風味

こちらはフレンチトーストのアレンジレシピですが、カステラフレンチトーストでも代用可能です。

染み込ませる卵液に、濃いめに入れた紅茶と、レモン果汁を加えてカステラを漬け込みます。しっかり卵液が染み込んだら、バターを入れたフライパンで、両面に焼き目をつければできあがり。

このアレンジレシピは、コーヒーよりも紅茶が合いそうなレシピですね。

ベイクド・カステラフレンチトースト

通常のカステラフレンチトーストを作ったら、一度常温まで戻して、その後180度のオーブンで45分ほど焼きます。焼きあがると、表面がキツネ色でカリカリになり、中はふわふわのカステラフレンチトーストができあがります。

通常のフレンチトーストにアイデアを重ねに重ねた、おもしろいレシピです。

キャラメル・アップル

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

チョビ子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう