2. 鶏の旨味を感じる!鶏肉と野菜のうどん

鶏肉はレシピ通りにお湯をかけるのも良いですが、焼くことでも旨味がプラスされますよ! フライパンで焼くのも良いですが、オーブントースターやオーブンレンジのグリル機能で焼くとフライパンを洗う手間が省けます。電気機器をうまく活用してうどんを温めること、具材を焼くこと、調味液を準備することが同時にできて時短ができますよ。

3. 包丁いらず!豚肉のあんかけうどん

水溶き片栗粉でとろみをつける、あんかけうどん。とろみをつけるのは少し難易度が高いです。火が強すぎると一箇所だけ固まってしまったり、弱すぎると全然とろみがつかなかったり、片栗粉の分量が多いと硬くなりすぎてしまったり、少ないと全然とろみがつかなかったりしますので、まずはレシピ通り忠実に作ってみましょう。

4. 白だしで失敗しない味付け!豚肉と白菜の豆乳うどん

いつもおいしい味付けができな、とお悩みの方におすすめです。白だしでベースの味付けをするので失敗することがありません。豆乳と合わせることによりタンパク質やビタミンといった栄養素も取り入れられるし、味が濃厚になっておいしくなるので一石二鳥ですね。

5. リピート続出!ひとり鍋で鍋焼きうどん

少し寒い日に作っちゃうひとり鍋。野菜を切る、だしで煮る、の2ステップで完成する時短・簡単メニュー。野菜がやわらかくなるまで火にかけると野菜にだし汁が染み込み、さらにおいしさが増しますよ!冷蔵庫に余っている野菜をすべて入れても良いですね。

冷凍うどんでいつでも作れる♪

参考になりましたでしょうか?初めは時間がなくても手作り料理が作れる簡単・時短レシピをご紹介しました。冷凍うどんがあればいつでも作れるので、買い置きしておくのもいいでしょう。 さらに具材を変えたり、とろみを加えたり、白だし一本でできたり、と応用レシピも5つご紹介しましたので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!
【執筆】管理栄養士:合田麻梨恵
兵庫県出身。『和食』のある食卓を囲み、豊かな生活を広めるべく、和食ライフスタイリストとして活動中。おいしさ、時短、栄養バランスが整う、驚きの"1アイデア"のある『和食』をテーマにレシピから卒業する料理教室を主宰。

特集

FEATURE CONTENTS