ライター : mamhiroe

アスリートフードマイスター / オーガニックフードソムリエ

RYT200ヨガ&アーユルヴェーダ修了。元LomiLomiセラピスト。 男子3女子1、子供4人のママ。Hawaiiをこよなく愛する♡ 「身体・心・食の3つをバランスよく、何事もシンプルに」がモット…もっとみる

「またたまご焼き?」とは言わせない!

見た目も華やかでおいしそうに見えるお弁当。その多くには「赤・黄・緑」の3色の食材が使われています。 しかし、「いつもプチトマトばかり……」「彩りに大葉を添えているけれど子どもは食べてくれない」など、お弁当に入れる中身はどうしてもパターン化してしまったり、彩り用になってしまいがち。 今回は、かぼちゃ・パプリカ・たまごを使った「黄色」のおかずをご紹介します!赤・緑も記事でご紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

1. かぼちゃ

材料3つで簡単!かぼちゃのチーズ焼き

Photo by macaroni

レンジとオーブンで作れる「かぼちゃのチーズ焼き」。バターとチーズの香ばしい香りがたまりません。子供用にはチーズたっぷりに。大人用には黒こしょうをふりかけると味が引き締まりますよ。

旨味が染み渡る♪ほくほくかぼちゃのすき煮

Photo by macaroni

主菜にも副菜にもなるすき煮は、ご飯にもぴったり。ネギやお豆腐を入れてボリュームアップしたり、かぼちゃのサイズを調整することでどんぶりにもなります。

かぼちゃとコンビーフのスパイシー炒め

Photo by macaroni

かぼちゃとコンビーフをカレー粉で炒めたレシピ。ぴりっと引き締まった味付けはお弁当のいいアクセントになり、冷めてもおいしいのが嬉しいです。マヨネーズを塗ったパンと合わせてサンドウィッチにするのもおすすめです。

2. パプリカ

パプリカの塩昆布和え

Photo by macaroni

レンジを使ってあっという間にできてしまうひと品。忙しい朝、お弁当にもうひと品ほしい。という時にうれしいおかずです。塩昆布はもう家に欠かせませんね!

パプリカとえびのマヨネーズマリネ

こんなおしゃれなおかず、入っていたらテンションがあがることまちがいなし!にんにくを効かせて味を引き締めるのがポイント。もちろんチューブタイプのニンニクでも代用できますよ。

特集

FEATURE CONTENTS