ライター : sakuha

WEBライター

ミーハーが故に、話題のショップやグルメ情報をチェックすることが好き。あまり得意でない料理は「簡単・おしゃれ」なレシピを見てやる気をアップさせています。ライティングを通じて、…もっとみる

【基本】鳥もつ煮レシピ5選

1. 3つの部位で。定番の鳥もつ煮

3つの異なる部位を使用することで、違った食感を楽しむことができます。こちらは甘辛く煮る定番のレシピなので、どなたでも食べやすい味付けに仕上がります。まずは基本をという方におすすめです。

2. 初心者でもOK。シンプルな鳥もつ煮

レバーの臭み抜きは牛乳でおこなう方法が一般的ですが、こちらは塩水に15分ほど漬ければOK。よく水気を切って鍋に入れ、調味料を加えればできあがりです。砂糖やみりんが少なめなので甘さ控えめ。レバー本来のやわらかさを保つためにも、火を通す時間は5分程度にしましょう。

3. 常備菜におすすめ!塩昆布の鳥もつ煮

レバーを熱湯にサッとくぐらせて下処理をします。適当な大きさに切ったら甘辛く煮込めばできあがり。塩昆布を加えるので旨みが増しますし、甘味のなかに塩味がほどよくきいていて絶品です。酒のおつまみにおすすめ。

4. 酒にもピッタリゆず風味。鳥もつのさっぱり煮

生姜の代わりにゆずを使う爽やかな味わいのもつ煮です。ポイントは、レバーをゆでこぼすことと、蓋をしないで煮込むこと。臭みが抜けて食べやすくなりますよ。あまり火を通し過ぎないほうがふっくらと仕上がります。レバーが苦手という方もぜひお試しください。

5. いろんな部位をあじわう。3種の鳥もつ煮

玉ひも、砂肝、鳥レバーの3種類を使うもつ煮です。玉ひもは卵巣と卵管の部分であまり馴染みがないかもしれませんが、肉屋さんで買うことができます。一度下ゆでをすることで臭みもなくおいしく仕上がります。

【洋風】鳥のもつ煮レシピ6選

6. 食べやすい!鳥もつの赤ワイン煮

軽く水洗いしたレバーとハツに生姜をのせ赤ワインで煮込む洋風のひと品。ワインにはちみつを加えることで味にコクが出て旨みがアップします。ワインが入ると洋風のおかずとも相性抜群。

編集部のおすすめ