ライター : Ricca_ricca

湘南でのんびり生活を満喫中♪空いた時間には近くのパン屋さんやカフェを巡ったり、おいしそうなレシピを探して作るのが趣味です☆現在は薬膳を勉強しながら子育て奮闘中です。

【基本】鳥もつ煮レシピ5選

1. レバー、砂肝、ハツ入り「鳥もつ煮」

レバー、砂肝、ハツと3つの部位を使った鳥もつ煮です。3つの異なる部位を使用することで違った食感を楽しむことができます。こちらのレシピは甘辛く煮た定番のレシピなので、どなたでも食べやすい味付けに仕上がっています。まずは基本をという方におすすめです。

2. 初心者でもOK「シンプルな鳥もつ煮」

レバーの臭み抜きというと牛乳でおこなうのが普通ですが、こちらは塩水で15分ほど漬ければOK。よく水気を切って鍋に入れ調味料を加えればできあがりです。お砂糖やみりんが少なめなので甘さが控えめです。レバー本来のやわらかさを保つためにも、火を通す時間は5分程度にしましょう。

3. 塩こんぶがアクセント「常備菜におすすめの鳥もつ煮」

レバーを熱湯にサッとくぐらせて下処理をします。適当な大きさに切ったら甘辛く煮込めばできあがり。塩こんぶが入っているので旨みが増しますし、甘味の中に塩味がほどよくきいていて絶品です。お酒のおつまみにもおすすめです。

4. お酒にもピッタリゆず風味「鳥もつのさっぱり煮」

生姜の代わりにゆずを使った爽やかな味わいのもつ煮です。こちらのレシピのポイントは、レバーをゆでこぼすことと、蓋をしないで煮込むことで臭みが抜けるそうです。そして、あまり火を通し過ぎない方がふっくらと仕上がるそうです。レバーが苦手という方もぜひお試しください。

5. 栄養満点!3種類の肝を使った「鳥もつ煮」

玉ひも、砂肝、鳥レバーの3種類を使ったもつ煮です。玉ひもは卵巣と卵管の部分であまり馴染みがないかもしれませんが、お肉屋さんなどで買うことができます。一度下ゆでをすることで臭みもなくおいしく仕上がります。

【洋風】鳥のもつ煮レシピ5選

6. レバーが苦手な方でも「鳥もつの赤ワイン煮」

軽く水洗いしたレバーとハツに生姜をのせ赤ワインで煮込んだ洋風のひと品。ワインにはちみつを加えることで味にコクが出て旨みがUPします。ワインが入ることで洋風のおかずとも相性抜群。レバーが苦手な方でもおいしくいただけます。

特集

FEATURE CONTENTS