ポイントは下処理!「鳥もつ煮」のおいしいレシピ15選

鉄分豊富な「鳥もつ」ですが、うまく調理できないという方も多いのではないでしょうか。今回は「基本のレシピ」、「洋風アレンジレシピ」、「食材をプラスしたレシピ」計15レシピをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

2019年3月27日 更新

【基本】鳥もつ煮レシピ5選

1. レバー、砂肝、ハツ入り「鳥もつ煮」

レバー、砂肝、ハツと3つの部位を使った鳥もつ煮です。3つの異なる部位を使用することで違った食感を楽しむことができます。こちらのレシピは甘辛く煮た定番のレシピなので、どなたでも食べやすい味付けに仕上がっています。まずは基本をという方におすすめです。

2. 初心者でもOK「シンプルな鳥もつ煮」

レバーの臭み抜きというと牛乳でおこなうのが普通ですが、こちらは塩水で15分ほど漬ければOK。よく水気を切って鍋に入れ調味料を加えればできあがりです。お砂糖やみりんが少なめなので甘さが控えめです。レバー本来のやわらかさを保つためにも、火を通す時間は5分程度にしましょう。

3. 塩こんぶがアクセント「常備菜におすすめの鳥もつ煮」

レバーを熱湯にサッとくぐらせて下処理をします。適当な大きさに切ったら甘辛く煮込めばできあがり。塩こんぶが入っているので旨みが増しますし、甘味の中に塩味がほどよくきいていて絶品です。お酒のおつまみにもおすすめです。

4. お酒にもピッタリゆず風味「鳥もつのさっぱり煮」

生姜の代わりにゆずを使った爽やかな味わいのもつ煮です。こちらのレシピのポイントは、レバーをゆでこぼすことと、蓋をしないで煮込むことで臭みが抜けるそうです。そして、あまり火を通し過ぎない方がふっくらと仕上がるそうです。レバーが苦手という方もぜひお試しください。
1 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう