ライター : sakuha

WEBライター

ミーハーが故に、話題のショップやグルメ情報をチェックすることが好き。あまり得意でない料理は「簡単・おしゃれ」なレシピを見てやる気をアップさせています。ライティングを通じて、…もっとみる

どて煮とは?

どて煮とは赤みそで作る煮込み料理のことで、牛スジや豚のモツ、野菜を使って作るのが特徴です。濃厚なみその味が牛スジやモツなどの具材に染み込み、ごはんやお酒によく合います。家庭でも作られているほど、名古屋を中心に多くの方に愛されている料理です。

「どて煮」と「どて焼き」の違い

「どて煮」は名古屋名物として有名ですが、大阪には「どて焼き」というものがあります。

「どて焼き」とは、白みそベースの味付けで、牛スジのみを使用します。また、どて焼きの「どて」とは、調理中に使うダシがこぼれないようにみそを土手のように盛ったことから、「どて焼き」と呼ばれるようになったと言われています。

どて煮のおすすめアレンジレシピ10選

1. ボリューム満点!豚ロースのどて煮

このどて煮レシピは、存在感抜群の豚ロースが主役です。八丁みそならではの濃い色合いですが、まろやかな味わいを楽しめます。圧力を鍋を使うことで、お肉の煮込み時間をグッと短縮。煮込んだあと、冷ましておくのがポイント。このひと手間で味がしっかりと染みこみます。

2. やみつきの味。鶏皮のどて煮

鶏皮なら、牛すじやモツよりも短時間でどて煮が作れますよ。圧力鍋で作るため、簡単に居酒屋で食べるようなどて煮が完成。こんにゃくは手でちぎると、味が染みこみやすくなります。刻みねぎや薬味をたっぷりとかけて、彩りを添えるのがおすすめ。

3. あのみそで味が決まる!牛すじと卵のどて煮

このレシピは、簡単どて煮のレシピです。レシピ通りの調味料がない場合は、赤みそに砂糖とみりんの甘さを加えればOK。卵にも味が染みて手軽にできますよ。お酒が止まらなくなるひと品です。

4. ドーンとボリューミー。牛ブロックのどて煮

ひと口大に切った牛ブロックを使う、どて煮のレシピ。圧力鍋で作るので、箸で簡単にほぐれるほどトロトロに仕上がります。こんにゃくは手でちぎったり、スプーンでカットしたりすれば断面積が増えるため、よく味が染みこみますよ。ぜひ試してみてください♪

編集部のおすすめ