3. 型に詰めます

ケーキの型にラップを敷き、炒り卵を詰めていきます。
その上に酢飯をのせます。
ラップをかけて手でギュッと押さえ、10分ほどなじませます。

4. 仕上げの飾り付け

ケーキの型をお皿にひっくり返し、型を外します。 ※お皿にひっくり返す際は、必要に応じて大人がサポートしてあげましょう。
炒り卵が見えるように、周囲2cmほど残しながらベビーリーフをのせていきます。
サーモンは手前からくるくると巻きます。
サーモンをベビーリーフの上にひとつずつのせていけばできあがり!

子どもが作るちらし寿司でお祝い♪

ベビーリーフの緑がポイントとなって、くるくるっと巻いたサーモンバラが輝いて、素敵なちらし寿司ができました。サーモンバラは真ん中に寄せ集めるとゴージャス感が出て、ひなまつりをお祝いするのにピッタリな出来栄えに。 ぎゅっと詰まったご飯で、この分量なら、ご家族4〜5人でシェアできて十分お腹を満たしてくれますよ。
みんなで食べるときは、ケーキ型に食べやすくカットしていただきましょう。甘く味付けした炒り卵とすし酢がきいたさっぱりご飯との相性も◎。サーモンバラが咲いたちらし寿司ケーキは見ても楽しく、会話も弾むことでしょう。 ひなまつりは、ぜひお子さん手作りのケーキ型ちらし寿司でお祝いしてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ