連載

あの箱で焼ける!子どもでも作れる、ココアブラウニー【ひとりでできたよ vol.2】

子どもがキッチンに近づいてくると、危ない……そんなイメージをお持ちではないですか?この連載では、リトルシェフクッキングの武田昌美先生監修のもと、子どもが最初から最後までひとりで作れるレシピをご紹介します。第二弾はココアブラウニー!ポイントを抑えれば簡単に作れます♪

2019年2月12日 更新

ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

子どもが作る簡単ココアブラウニー

今回は、バレンタインに向けて子どもでも作れるココアブラウニーをご紹介します。チョコレートを使わずにココアパウダーを使えば、材料を混ぜて型に流してオーブンで焼くだけの工程で簡単に作れるんですよ。 こちらのレシピは、今大人気の子ども向け料理教室、Little Chef Cooking(リトルシェフクッキング)代表の武田先生に教えていただきました。 子どもの好奇心や成長を料理で育む、そんな先生の想いのもと、子どもでも作りやすいよう長年かけて考案された自慢のレシピです。 先生のご紹介は、第1回の恵方巻きの回で記載しているので、詳しくは下記記事をご覧ください。

チョコレート不使用!濃厚ココアブラウニー

材料(1人分 横幅11.5cm×高さ10cm×奥行き5.5cm)

・薄力粉……30g ・卵……1個 ・バター……20g ・さとう……大さじ2杯 ・練乳……小さじ1杯 ・しお……ひとつまみ ・ココアパウダー(無糖)……小さじ2杯 ・ベーキングパウダー……小さじ1/4杯 ・くるみ(手で割る)……10g

用意しておく調理道具

・ボウル……大・小各1個ずつ ・泡立て器(ホイッパー)……1個 ・アルミホイル ・クッキングシート ・ティッシュ箱……1個 ※ご家庭にある一般的な大きさのティッシュ箱(横幅21.5cm×高さ5cm×奥行き11.5cm)を使う場合は、材料を2倍にして作るとちょうど良い分量ですよ。ほかの型を使う場合でも、高さは10cmまでのものを使用してください。

作り方

1. 卵液を作ります

バターを耐熱容器に入れ、ふんわりラップをかけます。
600Wのレンジで20秒加熱して、バターを溶かします。
大きめのボウルに卵を割り入れ、泡立て器で混ぜます。
さとう、しお、溶かしバター、練乳を入れます。
さとうが溶けるまで泡立て器でよくかき混ぜます。

2. 粉を混ぜて生地を作ります

上記で作った卵液に、薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーを加えます。
泡立て器で粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

Photo by macaroni

卵液と粉がしっかり混ざると粘度が高くなり、生地がまとまってきますよ。
Photos:20枚
子どもシェフが泡立て器を掲げる
ココアブラウニーの材料
バターが入ったボウルにラップをかける
子どもがレンジタイマーをセットする
卵を泡立て器で混ぜる
卵液に練乳を加える
子どもシェフが卵液を泡立て器で混ぜる
卵液に薄力粉、ココアパウダーを加える
泡立て器で生地を混ぜる
生地を泡立て器で混ぜているところ
子どもシェフがアルミホイルをしいた上にティッシュ箱をのせる
ティッシュ箱をアルミホイルで包む
包んだアルミホイルボックスにクッキングシートを持つ子どもシェフ
アルミホイルボックスにクッキングシートをかぶせる
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS