【番外編】スイーツにも彩りを

スイーツの仕上げにミントやセルフィーユは定番ですが、ちょっとした上級テクニックをご紹介します。
プラムを焼き込んだタルトに刻んだピスタチオを散らして。 焼きっぱなしのお菓子は色合い的に地味に見えやすく、かといって生のミントを飾っても統一感に欠けてしまいます。 そんな時に重宝するのがピスタチオ。細かく刻んでパラリとかけて、全体をパキッと引き締めてくれます。
こちらはライムを使ったクリームに、ライムゼスト(ライムの皮)を削ってアクセントに。 クリームだけではぼんやりしがちなところに、緑色が入って実に鮮やか!皮は香り成分が一番強い部分なので、爽やかな香りもプラスしてくれます。 皮を使うときはなるべく農薬を使っていないものを、よく洗って使ってくださいね。

「飾り食材」は仕上げの魔法♪

料理を、最後の最後で格上げしてくれる「飾り食材」。 いつも使っている食材でも、切り方を変えたり組み合わせを変えるだけで、同じ料理もまったくイメージが変わってくるのが料理の面白いところ。 まさに、飾り食材は料理の仕上げの魔法です♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ