連載

たまごソムリエ直伝。卵料理をもっとおいしくするコツ全集 vol.1

たまごソムリエが教える、究極の卵料理シリーズ。今回は、あらゆる料理の作り方の総集編をお送りします。目玉焼き、卵焼き、オムライス、TKG……いつもの馴染みの味を「もっとおいしく作りたい」そんな人は必見ですよ。

2019年2月28日 更新

フィリングは一気に混ぜない

たまごフィリング

Photo by たまごソムリエ友加里

難しいコツはありません。たまごのフィリングを作るときに、一度に混ぜず2回に分けるようにしましょう。たまごの食感がのこり、昔なつかしいサンドイッチになりますよ。

また、きれいにカットするためには切る前に10分なじませること。ラップをかけて切ると、スパッと切れますよ。

詳しいコツはこちら

まるで産みたての味「究極のTKG」

たまごソムリエ友加里のTKG

Photo by たまごソムリエ友加里

「今度こそ、おいしく作れるコツなんてないだろう」と思われそうなTKG。残念、じつはこれもあるんです……。

タレのアレンジはさまざまですが、生卵に少し手を加えるだけで “産みたての味” を再現できますよ。

その2分がカギ。お湯でたまごを温めて

落とし卵

Photo by たまごソムリエ友加里

普通は、生卵をそのままごはんにのせますよね。その前に、2分だけお湯で温めましょう。そうすると、ご飯との温度差がなくなり、産みたて卵を食べているような感覚になりますよ。

ごはんに塩をまんべんなくまぶしておくのも、ムラなくおいしく食べるコツです。
3 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

たまごソムリエ友加里

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう