連載

たまごソムリエ直伝。卵料理をもっとおいしくするコツ全集 vol.1

たまごソムリエが教える、究極の卵料理シリーズ。今回は、あらゆる料理の作り方の総集編をお送りします。目玉焼き、卵焼き、オムライス、TKG……いつもの馴染みの味を「もっとおいしく作りたい」そんな人は必見ですよ。

2019年2月28日 更新

ホテルの朝食風に仕上げる「目玉焼き」

たまごソムリエ友加里の卵焼き

Photo by たまごソムリエ友加里

「目玉焼きのコツなんてあるの?」いやいやあるんです。

卵黄を半熟にするのもそうですが、“ホテルのレストランで食べるような目玉焼き” に仕上げるコツもあります。あのツルンとした見た目、憧れますよね。

ひと手間かけて!濾すこと、落とす位置が重要

目玉焼きの工程

Photo by たまごソムリエ友加里

ホテルの朝食風に焼くには、まず濾すこと。卵の水っぽい卵白だけが下に落ち、プルンとした仕上がりになります。

フライパンにたまごを落とす瞬間も気を抜かず、低めの位置から。卵黄は「卵黄球」という小さな粒が集まってできています。その小さな粒に衝撃をあたえないようにすると、食感がよくなるんですよ。

ふたをせず、弱火で加熱すると、卵黄が白くなりません。

詳しいコツはこちら

昔ながらの「たまごサンド」

たまごソムリエ友加里のたまごサンド

Photo by たまごソムリエ友加里

たまごサンドは、サンドイッチの王様とも言える存在。各家庭で好みの作り方があると思いますが、昔なつかしのホッとするたまごサンドを目指したいなら、一度試してみて。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

たまごソムリエ友加里

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう