たまごソムリエが教える!究極の「オムライス」の作り方

たまご料理の代表格でもある「オムライス」、たまごのスペシャリストが究極のレシピをご紹介します!色々な形や作り方がありますが、今回は昔ながらの元祖オムライスの形。6つのコツをおさえて、完ぺきなものを作りましょう♪

昔ながらのオムライスを極めよう!

たまごソムリエの友加里が教える「究極の卵料理」シリーズ!今回は、究極のオムライスの作り方をご紹介したいと思います。

オムライスは、ふわとろのオムレツがのっているオムライス、とろとろ半熟オムライスなどいろんな種類がありますよね。そんな中でも、今回は昔ながらのオムライス風をチョイス♪ ぜひご家庭で試してみてくださいね。

友加里流!究極のオムライスの作り方

材料

・卵……3個
・ご飯……150g
・鶏もも肉……60g
・玉ねぎ……30g
・しめじ……30g
・ケチャップ……大さじ2
・バター……10g
・牛脂……5g
・塩胡椒……適量

作り方

【下準備】
しめじと玉ねぎはみじん切りにしておきましょう。

①牛脂で鶏肉を炒める

フライパンに牛脂を入れ、火をつけて鶏肉を加え軽く塩胡椒して炒めましょう。

②具材を炒める

鶏肉に半分火が入ったら、玉ねぎとしめじを加え、軽く塩胡椒して炒めます。

③ケチャップを加えて炒める

玉ねぎが透明になったらケチャップを加えて、1分ほど軽く煮詰め水分を飛ばします。

④ご飯を加えて炒める

温かいご飯を加えて、具材としっかり混ぜ合わせましょう。全体的に混ざったら、ボウルなどに移しておきましょう。

⑤卵を溶きほぐす

続いて卵を作りましょう。卵をボウルに割り入れ、フォークを使って30回ほどかき混ぜます。このとき、混ぜ過ぎないようにするのがふわとろにするポイントです。

⑥卵を焼いてライスをのせる

フライパンにバターをのせ、火にかける。バターがふつふつして来たら、卵を流し込みます。ゴムベラを使い、固まってきた部分から混ぜてふわとろ卵を作ります。
卵が半熟になった状態で、一旦火を止めてご飯を全体的にのせましょう。

⑦フライパンの淵を使って丸め込む

ご飯を包みこむように、フライパンの淵を使って、両端の卵をご飯にくっつけ、形を整えましょう。

⑧お皿に移して完成!

最後に、フライパンの取っ手を逆手に持ち、お皿に移して完成です!
形をよくするために、キッチンペーパーなどを使って、形を整えましょう!お好みでケチャップをどうぞ♪

動画はこちら

ここでおさらい!上手に作る6つのコツ

1. ライスは牛脂を使って炒める

卵にはバターを使いますが、ライスには牛脂を!旨味がグッとアップしますよ♪

2.ケチャップは先入れで!

ケチャップはご飯より先に、具材と混ぜて、水分を飛ばし軽く煮詰めましょう。そうすることで、ケチャップの酸味が飛び旨味がまします。

3.ご飯はあたたかいご飯を!

ご飯が温かいと、具材とまざりやすくなります。

4.卵は混ぜ過ぎない!30回くらいがベスト

卵の白身を少し残すことで、ふわとろの卵に仕上げることができます♪フォークで30回かき混ぜるのがおすすめです。

5.半熟卵にライスを全体的に広げる

半熟卵を作ったら、ライスを全体的に載せましょう。半熟卵をライスがからまり合い、冷めても中身は半熟状態をキープすることができます♪

6.キッチンペーパーなどで形を整える

オムライスは形も大切ですよね。最後はキッチンペーパーを使って形を整えると綺麗なオムライスに仕上がります。

これでオムライス作りは完ぺき♪

いかがでしたか?中身は半熟で外は、焼けた卵の食感を味わえる究極のオムライス。作り方のコツを掴んで旨味もグッとアップさせて、おいしさ倍増!とても簡単に作れるので、ぜひお試しくださいね♪

特集

SPECIAL CONTENTS