連載

たまごソムリエが教える!究極の「TKG」の作り方

日本を代表する簡単ごはん「たまごかけご飯」。ここでは、たまごのスペシャリストが「究極のTKG」の作り方を伝授します!研究をかさねて辿りついたTKG……まさかの「産みたて卵」感が表現できました!シンプルで卵本来の味もしっかり味わえますよ。

まるで産みたて…!?

卵の味わいを一番堪能できる「たまごかけご飯」。みなさんは、どんな食べ方が好きでしょうか?全部混ぜたり、白身と黄身をわけたり、黄身だけまぜたり……いろんな楽しみ方があるのが、卵かけご飯の魅力でもあります。

今回は、たまごソムリエの筆者が卵の温度感に注目した「究極のTKG」の作り方を伝授したいと思います。

たまごソムリエ流!究極のTKGの作り方

材料

・卵……1個
・ご飯……150g
・塩……適量

作り方

①お鍋でお湯を沸騰させる

まず、お鍋でお湯を沸騰させましょう。沸騰したら火を止めます。

②卵をそっと入れて温める

卵をお湯の中に、お玉などを使いそっと入れて、そのまま2分温めましょう。

※お鍋の大きさ、卵の大きさにより多少時間が異なる場合があります。冷蔵庫から出した卵の目安は、Lサイズ→2分、Mサイズ→1分半くらい。

③ご飯に塩をふる

味付けは、塩のみ。卵を入れる前に、ご飯に均一に塩をふりましょう。塩加減はお好みで。

④温めた卵を割落として完成

2分温めた卵を取り出して、ご飯の上にそっと割り入れて完成です!あとは、卵黄を崩し、ご飯に半熟の白身と卵黄を絡め召し上がってください。

動画レシピはこちら

ここでおさらい!上手に作る5つのコツ

1. 卵を温める

今回、一番大切なポイントです!卵を温めます。ご飯との温度差がなくなり、さらに産みたて卵を食べているような感覚に。

2.味付けは塩のみ!

今回の味付けは、塩のみです。卵の甘みやコクが引き立ち、卵本来の味を存分に堪能できます。

3.ご飯に塩をふる

塩は、あらかじめご飯に振っておきます。味のムラを防ぐことができ、バランスのいい塩加減で食べることができます。

4.卵黄を崩し、ご飯と絡めながら食べる

食べ方もポイント!卵は、ご飯の混ぜるのではなく、絡めながら召し上がってください!
それぞれの特徴を活かしつつ、味わうことができます。

今までにないTKG体験を!

いかがでしたか?今回の究極のたまごかけご飯!まるで産みたての卵を食べているかのような、贅沢たまごかけご飯です。今までにないような味わいをぜひお試しくださいね♪

特集

SPECIAL CONTENTS