卵にひと手間加えて!卵かけごはんのアレンジレシピ8選

1. 冷凍卵を使う。とろり卵かけごはん

卵を一度冷凍し、黄身をめんつゆに漬け込みます。冷凍することで、いつものとろんとした黄身がもっちり食感に変身!舌に絡みつく食感と濃厚さでごはんが進みますよ。冷凍卵は、おつまみとしてもいいですね。

2. 黄身のしょうゆ漬けを使う。濃厚卵かけごはん

卵の黄身をしょうゆに漬け込み、ごはんのお供として贅沢にオン。とろ〜っと流れ出す黄身がごはんに染み込んで、それはもう至福の味わいです!ひと口ひと口、しっかりと堪能したくなるような、高級感あふれるひと品ですよ。

3. 卵白がポイント。ふわふわ卵かけごはん

卵の白身を泡立てる、ふわふわ食感の卵かけごはんのレシピです。ごはんと混ぜる前に白身を泡立てたら、アツアツのごはんを加えてさらに混ぜ合わせます。まるで雲を食べているような食感が、くせになること間違いなしですよ。

4. 黄身のみそ漬けを使う。みそ卵かけごはん

こちらはみそ漬けのレシピ。調味料を混ぜたみそに漬け込んだ黄身をごはんにのせるだけなので、とっても簡単です。漬け込む期間によって濃厚さが変わるところが、黄身漬けの楽しみとも言えそうです。漬け込む際に黄身を割らないように気をつけて!

5. かつおぶしも合う。めんつゆ漬けの卵かけごはん

卵黄をめんつゆに漬けてから、卵かけごはんにすると、めんつゆの出汁が染みて絶品です。だいたい、冷蔵庫で3時間ほど置くのがポイント。卵のまわりにたっぷりのかつおぶしをのせると、よりおいしくなりますよ。

6. 温泉卵で作る。半熟卵かけごはん

温泉卵を使う卵かけごはんもおすすめ。温泉卵に箸を入れると、黄身がとろりと出てくるのが、たまりません。刻み海苔をトッピングしたり、ごはんを白ごはんではなく、じゃこごはんにしたり、アレンジをしてもいいですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ