4. 揚げる

Photo by 吉田 鈴

揚げ油を180℃に熱しておきます。粉をはたき落とした肉に、溶き卵をからませながら揚げます。途中でひっくり返して2分ほど揚げて、一旦取り出し、4分から5分置いておきます。 この時はまだ白っぽく、中は半生です。置いている間に、余熱で中まで火が通ります。

5. 二度揚げする

Photo by 吉田 鈴

揚げ油を180℃に熱して、唐揚げを戻し入れ、50秒ほど揚げます。かりっときつね色になったらできあがりです。お好みでレモンを絞っていただきましょう。

作るときのコツ

鶏むね肉がパサパサするのは「水分が失われること」と「火を通しすぎること」です。下味の砂糖や酒は肉をやわらかくし、油でコーティングすることで肉から水分が出ていってしまうことを防ぎます。 また二度揚げすることで火が通りすぎず、中はふっくら、外はかりっと仕上がります。二度揚げは面倒なようですが、置いている間に副菜を作るなどして、時間を有効活用してみてください。

塩唐揚げの人気アレンジ5選

1. 鶏むね肉の塩麴唐揚げ

塩麴には、お肉をやわらかくする効果があります。鶏むね肉を漬け込んで揚げれば、手間をかけずにジューシーな唐揚げができます。いろいろ使い道がある塩麴、作り方も紹介されているので、この機会に作ってみてもいいですね。

2. うま塩唐揚げの柚子ネギソース

ぱさつく鶏むね肉の唐揚げも、ソースをからめることでしっとりします。ソースは柚子胡椒入りで、ちょっとぴりっと大人味。鶏ガラスープの下味で、うまみアップした唐揚げが技ありでおいしい!お弁当のおかずにも◎。

3. 鶏むねハーブ唐揚げ

鶏むね肉の唐揚げをやわらかくする方法が丁寧に書かれたレシピです。その秘密は、下味に使うマヨネーズ。酢と油の効果で、しっとりやわらかく仕上がるのです。ハーブの香りがさわやかで、ビールやワインのおつまみにもなる唐揚げです。

編集部のおすすめ