鶏むね肉でしっとりやわらか!塩唐揚げの作り方&アレンジレシピ5選♪

みんなが大好きな唐揚げ。鶏むね肉で作れば安くて、家計には嬉しいですね。でも、ぱさついた仕上がりになった、やっぱり唐揚げはもも肉の方が……なんてことはありませんか。大丈夫!鶏むね肉でもコツを押さえれば、ジューシーな唐揚げを作ることができるんですよ♪

2019年2月16日 更新

鶏むね肉の塩唐揚げレシピ

塩唐揚げ、レモン添え

Photo by 吉田 鈴

鶏むね肉とは思えない、ジューシーかつやわらかい鶏唐揚げです。コツはいくつかありますが、基本的には、味つけをして衣をつけて揚げるだけ。大葉を刻んだものを、下味に加えて揚げるのも、香りがよくておすすめです。

材料(2~3人分)

鶏むね肉、酒、砂糖、塩、こしょう、ごま油、小麦粉、片栗粉、しょうが、にんにく、レモン、卵

Photo by 吉田 鈴

・鶏むね肉……1枚(約300g)
・レモン(お好みで)……1個

☆にんにく(すりおろし)……1/2片分
☆しょうが(すりおろし)……1片分
☆酒……大さじ2杯
☆砂糖……小さじ1杯
☆塩……小さじ1/2杯
☆こしょう……少々
☆ごま油……大さじ1/2杯

・卵……1個
・小麦粉……大さじ4~5杯
・片栗粉……大さじ4~5杯
・揚げ油

下準備

1. 鶏肉を切る

鶏肉をそぎ切りにする

Photo by 吉田 鈴

鶏肉を1個20gくらいの大きさになるように、そぎ切りにします。たとえば300gの鶏肉なら、15等分になります。

この時繊維を断つように切るのがポイントです。肉がやわらかくなります。

3. フォークで刺す

フォークで鶏肉を刺す

Photo by 吉田 鈴

切った鶏肉全体を、フォークでまんべんなく刺しておきます。こうすることで肉がやわらかくなり、味のしみこみもよくなります。

3. 下味をつける

鶏肉に下味をもみこむ

Photo by 吉田 鈴

ボウルに鶏肉を入れ、☆の下味の材料を全部入れてもみこみます。冷蔵庫で15分以上漬け込みます。

できれば2時間ほど漬け込むと、味がよくしみこみます。

作り方

4. 粉をつける

鶏肉に粉をつける

Photo by 吉田 鈴

下味をつけた鶏肉の水気を軽く切り、小麦粉と片栗粉を合わせてまぶします。

4. 揚げる

鶏肉を揚げる

Photo by 吉田 鈴

揚げ油を180℃に熱しておきます。粉をはたき落とした肉に、溶き卵をからませながら揚げます。途中でひっくり返して2分ほど揚げて、一旦取り出し、4分から5分置いておきます。

この時はまだ白っぽく、中は半生です。置いている間に、余熱で中まで火が通ります。

5. 二度揚げする

鶏肉を二度揚げする

Photo by 吉田 鈴

揚げ油を180℃に熱して、唐揚げを戻し入れ、50秒ほど揚げます。かりっときつね色になったらできあがりです。お好みでレモンを絞っていただきましょう。

作るときのコツ

鶏むね肉がパサパサするのは「水分が失われること」と「火を通しすぎること」です。下味の砂糖や酒は肉をやわらかくし、油でコーティングすることで肉から水分が出ていってしまうことを防ぎます。

また二度揚げすることで火が通りすぎず、中はふっくら、外はかりっと仕上がります。二度揚げは面倒なようですが、置いている間に副菜を作るなどして、時間を有効活用してみてください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

吉田 鈴

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう